2021年は「やりたいことリスト100」で自分の夢を叶えよう。作り方のコツとおすすめの手帳

やりたいことリスト100というのはご存知ですか?文字通り「やりたいことを100個書いていく」ものなのですが、書くと願いが叶う!と、今注目の手帳術なんです。自分のことを後回しにしがちなママこそ、やりたいことリスト100を作るのがおすすめ。やりたいことリストを作るメリットや、すぐに実践できる作り方の紹介、そしておすすめの手帳やノートをご紹介します。2021年は「やりたいことリスト100」を作って、自分の夢を叶えませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2020/11/10 公開 | 152 view

2021年は「やりたいことリスト100」で自分の夢を叶えよう。作り方のコツとおすすめの手帳

「やりたいことリスト100」で2021年は自分と向き合う年に

 (187783)

家事・育児・仕事…と日々のやることに追われ、自分のことは後回しにしていませんか?
どうしても子ども優先になってしまい、ママは自分のことを蔑ろにしがちです。

時間はあっという間に過ぎてしまい、今日もなにもできなかった…なんてこと、よくありますよね。

そんな忙しいママにおすすめしたいのが、やりたいことリスト100を作ることです。
ウィッシュリストやバケットリストとも呼ばれ、やりたいことを叶える方法として多くの方がやっているものです。

2021年に向け、今から来年のやりたいことリストを作ってみませんか?

やりたいことリストを作るメリット

 (187784)

やりたいことリストの作成には、このようなメリットがあります。

自分に向き合える

ママはどうしても家族に時間を取られがちで、自分というものを見失ってしまうことも。やりたいことを我慢することも多いと思います。
そこでやりたいことリストを作るとこで、自分の「好き」や「やりたい」を改めて知るいい機会になります。

いままで忘れていた「やりたい」を叶えられる

日々の生活の中で、「あのお店に行きたいな」「あれ食べたいな」と思っても、忙しさの中ですっかり忘れることってありますよね。

忘れやすい「やりたい」を書き留めておくことで、見返したときにいつでも思い出せ、叶えられやすくなります。

達成すると自己肯定感が高まる

一度立てた目標を達成すると嬉しいですよね。
リストを達成することで「私でもできるんだ!」と自信に繋がり、自己肯定感を高めることができます。

やりたいことリストの作り方

 (187826)

では、やりたいことリストはどうやって作ればいいのでしょうか。
作り方をご紹介いたします。
90 件