産後はロングヘアでも大丈夫!子育て中でも手軽に出来るヘアアレンジ

産後の髪型はロングヘアでも大丈夫なのかと不安になるママも多いのではないでしょうか。産後は忙しくて髪の毛を乾かす暇もないので短いほうが楽という意見もありますが、せっかく伸ばした髪の毛を切りたくない方もいらっしゃいますよね。今回は、産後の育児もロングヘアで大丈夫な理由を私の経験も踏まえてご紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/11 公開 | 2464 view

産後はロングヘアでも大丈夫!子育て中でも手軽に出来るヘアアレンジ

産後はショートヘアの方がいい?

Free photo: Super, Mami, Mama, Bebe, Arms - Free Image on Pixabay - 951190 (18838)

「産後は忙しいくなるからロングヘアよりショートヘアの方が良いよ」と言う方が多いですが、それは何故なのでしょうか?

△産後すぐは赤ちゃんのお世話に24時間かかりっきりになり、自分の身なりを気にする暇がない
△お風呂上がりに髪の毛を乾かす暇がない
△ロングヘアのお手入れをする暇がない
△赤ちゃんのお世話の邪魔になる

おそらくこのような理由から、ロングヘアはカットした方が良いのではないかと言われているのだと思います。

これも一理ありますが、育児中のママみんながみんなショートヘアがベストなのでしょうか?
ショートヘアとロングヘアそれぞれのメリット・デメリットを知ってからでも遅くはないはずですよ。

ショートヘアのメリット・デメリット

ショートヘアのメリット

 (18825)

◎髪の毛が赤ちゃんに付かずお世話がしやすい
◎髪を乾かすのが楽

授乳中や抱っこの時に赤ちゃんに髪の毛が触れないことで衛生的です。
また、お風呂後の面倒なブローも短い時間で済むため、時間を無駄にせず赤ちゃんに費やすことが出来ますね。

ショートヘアのデメリット

 (18841)

△寝癖がつきやすく、セットが大変になる
△アレンジがしにくい
△結べない長さの場合、中途半端に伸びてきたとき大変

ショートにするとロングヘアの時より、寝癖がつきやすくなります。
そのため、毎朝のセットが大変かもしれません。

またアレンジもしにくく、結婚式などのお祝い事に招待された場合などはアレンジに苦労するかもしれません。

ロングヘアのメリット・デメリット

ロングヘアのメリット

 (18845)

◎寝癖がつきにくい
◎髪がボサボサでも結んでしまえば目立たず、時間短縮に
◎授乳は髪を束ねてしまえば問題ない
◎余裕が出来ればヘアアレンジも楽しめる

ショートヘアに比べて寝癖がつきにくく、万が一ついてしまってもゴムで束ねてしまえば目立ちません。
忙しいママには助かりますね。

授乳中もそうですが、おんぶの時は髪の毛が前にくるサイドポニーテールなどにすれば邪魔になりません。
ヘアアレンジも多様なのが、ロングヘアの魅力ですね。

ロングヘアのデメリット

41 件