子供と一緒に♡簡単美味しいご飯の作り方年齢別レシピ7選!やる気を損ねない教え方のコツは?

休日は、子供と一緒に親子クッキングがおすすめ!子供の発育にもとても良い効果が期待出来るんですよ♡そこで今回は、子供と一緒に出来る簡単ご飯の作り方をご紹介。年齢別に作り方をご紹介していますので、是非参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/03/26 公開 | 146 view

子供と一緒に♡簡単美味しいご飯の作り方年齢別レシピ7選!やる気を損ねない教え方のコツは?

子供と一緒に簡単ご飯の作り方大特集♡親子クッキングのメリットは?

Free photo: Fried, Pan, Eat, Fry, Yolk, Food - Free Image on Pixabay - 3238173 (113679)

子供が大きくなるとおままごとの延長なのか、ママのお料理する姿に興味を持つようになります。特に女の子は一緒にやりたがる子も多いようですね!親子クッキングは、子供の成長にとって良い面が沢山ありますので、時間があるときは積極的にお手伝いさせてあげましょう。
以下に、親子クッキングのメリットをご紹介します。

1. 好奇心が育つ

料理って奥が深いですよね。1つの食材でも組み合わせる食材や調理法で、味も見た目も大きく変化します。一緒に料理する事で、その変化を間近に見ることが出来るので「次はどんな風に変わるのかな?」とワクワクが止まりません。

それが成長と共に、出来上がったメニューを見て、「これにはなにが入っているんだろう」と自分で想像するようにもなります。好奇心旺盛な子は、料理に限らず様々な分野で力を発揮してくれるでしょうから、とても大切な要素の1つですね!

2. 五感が養われる

料理は五感をフルに使うものです。例えば、味見をする工程では「味覚」が養われ、食材に触れたり生地をこねたりする工程では「触覚」が養われますね。
食材の変化を観察する中では「視覚」、野菜を切る音や、お肉を焼く音などを聞けば「聴覚」、食材の匂いや料理中の匂いを嗅ぐと「嗅覚」が養われます。

どれを取っても子供の感覚を育むには素晴らしい教材です!真似っことは違った、本物の感触や香りを感じることは子供の成長に大きく繋がるはずですね。

3. 達成感を感じられる

1つの料理を完成させるまで、食材を切ったり焼いたり様々な工程を進めていかなければなりませんよね。1からその作業を子供と一緒に共有することで、完成した時の喜びはとても大きなものとなるでしょう。

子供は「出来た」という喜びが自信へと繋がっていきますので、達成感を味わうことは非常に大切な経験なのです。達成感を得る喜びを知ったら、次は自分でその喜びを得ようと行動に移すようになるでしょう。そんな子供になってくれたらママも嬉しいですね。

4. 食の大切さを感じられる

「食育」なんて言葉がありますが、料理を作る大変さを知れば、毎日の食事の大切さを実感するようになるでしょう。座ったらご飯が出てくることが「当たり前」と思うことが無くなるのではないでしょうか。

好き嫌いの多い子は、特に食の有り難みを知ることは重要なポイントです。もしかしたら、嫌いな物でも自分が苦労して作った料理なら食べてみようかなと思えるかもしれませんよね。毎日料理を作ってくれるママへの感謝の気持ちも生まれるかもしれません。

5. 親子のコミュニケーションの場となる

普段、家事をやっているときはなかなか子供の相手をしてあげられず、テレビを見せたりおもちゃで遊ばせたりするご家庭が多いと思いますが、一緒に親子で料理を作る時は、その時間も大切なコミュニケーションの場となります。

「何を作りたい?」「まずはこれを洗って…」など、次々と会話を楽しみながら料理を進めていきますので自然と子供との時間が増えますよね!忙しい平日はゆっくり会話しながら作るのは難しいですが、お休みの日などはたっぷり時間を取って子供とクッキングタイムを楽しんでくださいね。

6. お手伝いすることが当たり前になる

小さな頃からお手伝いをさせることを習慣づけることで、お手伝いをすることがごく当たり前のこととなります。色々なことに興味を持ち始める3歳位が丁度いい時期です。

本人が「やりたい」と言い出したら、出来る限りお手伝いさせてあげましょう。少しでも簡単な料理を覚えていけば、将来的にママの代わりをしてくれる日がやって来るかもしれません!特に働くママにとって、ご飯を炊いてもらう・お味噌汁を作ってもらう・サラダを作ってもらうなど、簡単な作業をお願い出来るのは助かりますよね。
56 件