夜泣きはいつからいつまで?原因と乗り切る方法を伝授!やってしまいがちなNGなことって?

赤ちゃんの寝顔は天使のように可愛くても、夜泣きとなるとやっぱり辛いですよね!今回は、そんな夜泣きを乗り切る方法を伝授いたします。そもそもなぜ、赤ちゃんは夜泣きをしてしまうのでしょうか。原因についてと、いつからいつまで続くのか、ということにも触れていきます。また、夜泣きをどうにか早くおさめたくて、ついやってしまいがちな行動、かえって逆効果かもしれません。辛い夜泣きの時期を乗り越えるために、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/11/04 公開 | 79 view

夜泣きはいつからいつまで?原因と乗り切る方法を伝授!やってしまいがちなNGなことって?

夜泣きはいつからいつまであるの?

 (166744)

急に「夜泣き」が始まった赤ちゃんもいれば、徐々にその傾向が出てくる赤ちゃんも。中には夜泣きが全くない赤ちゃんもいるなんて不思議ですよね。そんな夜泣きをしやすい時期としては、生後6ヶ月から始まり1歳前後にピークを迎え、2歳までにはほぼ終わるものと言われています。

オムツを変えて欲しい、お腹が空いたなどといった理由で泣くことが今までは多かった赤ちゃん。ところが夜泣きの場合、夜中にいきなり激しく泣き出すことが多く、はっきりとした理由が分かりづらい場合も。何の要求かわからない、とにかく激しく泣く、などといった様子であれば「夜泣き」の可能性が高いと言えるでしょう。

夜泣きにはどんな原因があるの?

 (166745)

なんで泣いているのか分からないと、どうやって対処をしたらいいのか悩みますよね。夜泣きを乗り切るためにも原因を知っておくと対策が立てやすくなりますね。

①生理的な不快感

赤ちゃんの夜泣きで、まずはチェックしたいのが生理的な不快感がないかどうかです。

・オムツが汚れている
・喉が渇いた
・お腹が空いた
・寒いまたは暑い
・下着がチクチクして痛い

もしいつもより、顔色が悪いなどの症状があれば体調面も注意するようにしましょう。

②眠りが浅い

人間は浅い眠りと深い眠りを約90分間ごとに繰り返します。赤ちゃんの場合はもっと短く、40〜50分くらいの間隔だそうです。赤ちゃんは浅い眠りの回数が多く、睡眠がまだ未熟のため、眠りから覚めやすい傾向があります。

③昼間に受けた刺激

昼間にたくさん受けた刺激から、興奮して夜に深い眠りができていない場合も。他にも、いつもより遠出をして食事の時間や昼寝の時間がずれてしまった場合、リズムが崩れて夜中に目が覚めてしまうことも考えられます。

夜泣きを乗り切る方法と対策とは?

 (166743)

辛い夜泣きを乗り切るにはどうしたらいいのでしょうか。乗り切る方法と対策をご紹介いたします。
35 件