出産内祝いきちんと贈った?いまさら人には聞けないマナーと相場

赤ちゃんが産まれると「おめでとう」の意味を込めて、家族や親戚や友達から出産祝いをいただいたと思います。そして少し育児にも慣れてきた頃に待っているのが、出産内祝いです。出産祝いをくれた方々に、心から感謝の気持ちを込めて喜んでもらえるギフトを送りたいですね。そこで、内祝いで恥をかかないために、いまさら人には聞けない出産内祝いのマナーや相場などをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/17 公開 | 277 view

出産内祝いきちんと贈った?いまさら人には聞けないマナーと相場

出産内祝いとは?

Free photo: Baby, Birth, Baby Sleeping - Free Image on Pixabay - 1538342 (36979)

出産内祝いとは、出産の時に頂いたお祝いに対してのお返しをする事です。

今でこそこの考えですが、本来の出産内祝いの意味合いは少し違います。
昔は、出産の報告と挨拶を兼ねて、出産祝いを貰った貰わない関係なしに、お世話になった方やこれからお世話になる方を家へ招いて、赤ちゃんをお披露目していたそうです。
これが本来の内祝いの形だそうです。

もちろん今でも、出産内祝いは、お祝いをいただいていない人やご近所の人、そしてこれからお世話になる人へ贈っても問題ありません。
お祝いを頂いていない人にあげる場合は、相手に負担を感じさせないように、贈るものには気をつけなければなりません。

お菓子を持参して「これからお世話になります。よろしくお願いします」とご挨拶するのもおすすめです。

出産内祝いの熨斗の書き方

 (36981)

出産内祝いの熨斗は、産まれた子供の名前のお披露目も兼ねて、夫婦の名前ではなく子供の名前を添えて贈るのが一般的です。

熨斗の表書きは「出産内祝」もしくは「内祝」で、水引は紅白蝶結びにしましょう。
そして水引の下には、子供の名前を入れましょう。

子供の名前が読みやすい名前であっても、読みにくい名前であっても、必ずふり仮名をふっておくことを忘れないようにしましょう。

昔は、直接お礼を頂いた方にお届けに伺うのが一般的でしたが、今はインターネットでギフトを購入し配送してもらうパターンも多いようです。

そのようなサイトを利用した際でも、熨斗は付けてもらえるのが一般的なようなので安心ですね。

出産内祝いは1ヶ月を目安に贈りましょう

Free photo: Time, Calendar, Saturday, Weekend - Free Image on Pixabay - 273857 (36983)

出産から約1ヵ月後に赤ちゃんのお宮参りをしますが、出産内祝いを贈るのもだいたいこの時期を目安にしましょう。

産後しばらくは、ママの身体の調子が優れなかったり、赤ちゃんのお世話にバタバタしてしまう時期です。
ですから目安としては、生後1ヶ月~2ヶ月までには贈るという気持ちで、準備を進めていきましょう。

妊娠中に誰にどんなものを贈りたいかの目星をつけておいて、産後すぐに内祝いの準備が出来るようにしておきたいですね。
産んだ病院で退院時に、内祝いのカタログなどが貰えますが、予め出産前に、インターネットで商品を見たり、カタログを取り寄せたりしておくのもおすすめですよ。

また、出産のお祝いは、産後しばらく経ってから頂く場合もありますよね。
その場合には、なるべくはやくお返しが出来るようにしましょう。

出産内祝いの金額の相場はどのくらい?

Free photo: Euro, Seem, Money, Finance - Free Image on Pixabay - 870757 (36985)

出産内祝いの金額の相場は、お祝いで頂いた金額の半額〜3分の1程度とが一般的なようです。

ただ、この相場はあくまで目安です。
相場にこだわるあまり、相手の好みの品物が選べなかったり、不必要なものを選んでしまっては意味がありません。

「相場に見合っているかな」と気にして、内祝いを受け取る方はいないので、相手にとって負担にならない金額で、失礼にあたらないものを、選ぶようにしましょう。

高価なお祝いを頂いた場合の出産内祝い

 (36988)

両親や親戚、目上の方から高価なお祝いをいただくことがあります。
その場合は半額〜3分の1の相場にこだわる必要はありません。

相場通りに返してしまって、かえって相手に気を使わせてしまうこともあります。
自分が出せる範囲の金額で、感謝を込めて出産内祝いを選ぶようにしましょう。

その際、メッセージカードや手紙などで、頂いた物への感謝の気持ちをきちんと添えるようにしましょう。
42 件