春野菜を使った絶品レシピ10選!香りと苦みが魅力!解毒&抗酸化作用で健康と美肌を目指そう!

寒い冬に芽を出し成長する春野菜は、栄養価も高く積極的にメニューに取り入れたい野菜たちです。でも春野菜ってどうやって調理するの?レシピのレパートリーが少なく、マンネリ化してしまうなんて人もいますよね。そこで栄養満点の春野菜をたっぷり使った絶品レシピ10選を紹介していきます。また春野菜の特徴や嬉しい効果、代表的な春野菜とそれぞれ旬を迎える時期など、春野菜に関する基礎知識もまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2020/01/25 公開 | 71 view

春野菜を使った絶品レシピ10選!香りと苦みが魅力!解毒&抗酸化作用で健康と美肌を目指そう!

春野菜を使った絶品レシピ10選~はじめに~

 (169676)

春野菜は主に3~5月頃に旬を迎える野菜のことを言います。そんな春野菜の知識を、まずは高めていきましょう。

春野菜の特徴と嬉しい効果

春野菜は豊かな香りと独特の苦みが特徴的な野菜が多いです。またアスパラやタケノコ、ふきのとうなど「芽」の野菜が多いのも特徴の一つと言えます。

ちなみに春野菜の持つ「香り成分」には、血行促進や抗酸化作用に加え、リラックス効果もあるとされています。また「苦み成分」には、体の毒素を体外に排出(解毒)したり新陳代謝を高めるなど、デトックス効果が期待できるのです。

代表的な春野菜と旬の時期

では具体的に春野菜に該当する野菜は何なのか、それぞれの持つ栄養素や効果も詳しく見ていきましょう。

【春キャベツ】
葉が柔らかく甘みがある春キャベツは、3~5月に旬を迎えます。水分が多いので、サラダや浅漬けなどで食べると美味しいですよ。

【春人参】
冬の寒さに耐え立派に育った春人参は、通常の人参より甘みが強く柔らかいのが特徴です。4月~6月頃旬を迎えます。

【新玉ねぎ】
皮が薄くみずみずしいのが特徴の新玉ねぎ。甘みが強いので生で食べても美味しいです。3~5月に旬を迎えます。

【タケノコ】
不溶性食物繊維をたっぷり含んだタケノコも春野菜の一つ。旬は3~4月頃です。

【ふきのとう】
独特な苦みが特徴のふきのとう。ビタミン類やミネラルなど、非常に栄養価が高い春野菜です。2~3月頃旬を迎えます。

【アスパラガス】
アミノ酸や葉酸などが豊富なアスパラガスも、春を代表する野菜の一つ。旬は3~6月頃です。

【菜の花】
春になると畑一面に黄色い花を咲かせる菜の花は、ビタミン・タンパク質など栄養価が非常に高いのが特徴です。2~3月に旬を迎えます。菜の花は、花が咲ききっていない(蕾の状態)の物がおすすめですよ。

春野菜を使った絶品レシピ1:タケノコと筍の煮びたし

 (169943)

タケノコと同じく春に旬を迎える山菜の蕗(ふき)を使った煮びたしです。タケノコと蕗がダシにしっかり染みこんでいるので、ご飯との相性もばっちり。どこか懐かしい味と、好評ですよ。

【材料】
タケノコ・蕗・だし汁・醤油・砂糖・みりん・塩・酒

春野菜を使った絶品レシピ2:新玉ねぎと春キャベツのサラダ

 (169963)

生で食べても美味しい春野菜、新玉ねぎとキャベツを使ったサラダです。甘みのある野菜とドレッシングの相性も抜群。火を通さないので、ビタミンCなど熱に弱い栄養素もしっかり取り入れることが出来ますよ。

【材料】
新玉ねぎ・春キャベツ・オリーブオイル・砂糖・レモン汁・マヨネーズ・塩こしょう・パセリ・ブラックペッパー
53 件