妊婦におすすめの食べ物は?不足しがちな栄養素を食事で補おう

妊娠したらまず気にするのは、母体の健康と赤ちゃんの健康ですよね。妊娠中の栄養は、母体を通して赤ちゃんに行くわけですから、何を食べても大丈夫なんて訳にはいきません。元気な赤ちゃんを産むためにも、食べても良いもの、逆に控えるべきものをこの機会にきちんんと把握しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/12/10 公開 | 424 view

妊婦におすすめの食べ物は?不足しがちな栄養素を食事で補おう

妊婦になったらいつも以上に食事や飲み物に気を配って

 (9007)

妊娠したらお母さんの口から入る食事は、赤ちゃんに影響すると考えましょう。

そうすると、自然と今までと同じ食事でいいのだろうかと疑問に思えてきますよね。

食品添加物はどの程度気をつければ良いの?

 (9008)

世に出回っている食材の中には、着色料や保存料の添加物が含まれているものがあることは皆さんもご存じですよね。

日本は食や健康にとても厳しい国です。
大抵の食べ物は、日本の厳しいテストをクリアしているため着色料や保存料などの添加物をそこまで神経質に気にしなくても大丈夫と育児雑誌で唱っているくらいです。

これまでに、食品添加物を摂取して赤ちゃんに影響が出た、というデータは存在しませんが、お腹の赤ちゃんの身体の栄養は母親が食べたものにかかっている。
そう考えたら、どんな小さな可能性でも害になりそうなものは避けたいですよね。

そこで、なるべくは自分で自炊をして赤ちゃんの健康に良い食材や、母体にも良い食材をチョイスして調理するよう心がけましょう。

美味しいと感じながら、バランス良く食べることが母体にも赤ちゃんにも一番です。

妊娠中は何を飲んだら良いの?

 (9010)

妊娠中は子宮により膀胱が刺激されて、1日あたりの排尿回数が増えます。
そのため水分はこまめに補給するよう心がけましょう。

では、飲んで良いものとダメなものの一例をご紹介します。

◎牛乳などの乳酸菌飲料
牛乳の飲みすぎは赤ちゃんのアレルギーに関係するという話もありますが、そのような研究データは実際にはありません。
妊娠中の便秘解消にも良いので飲んでも問題はありません。

◎麦茶・そば茶・たんぽぽ茶
カフェインも無く、嬉しいミネラルも含まれているので、妊娠中の飲み物に最適です。
ただし、アレルギーのある方は注意しましょう。


×お酒
言うまでもなく絶対にダメです。
一口でも確実に胎盤を通して赤ちゃんに届いてしまいます。
これからの赤ちゃんの発育に影響を及ぼしかねません。

△コーヒー・ウーロン茶・日本茶・紅茶
カフェインが含まれているので飲み過ぎは禁物です。
1日1~2杯程度に抑えるようにしましょう。

妊娠初期に摂りたい栄養素の代表は「葉酸」

 (9011)

葉酸は妊娠初期はよく摂るようにした方が良いというのは、聞いたことがありますよね。

葉酸は妊娠初期のみならず、授乳期までお腹の赤ちゃんとお母さんの栄養不足や病気などから、身体を守ってくれる心強い味方なのです。

よく耳にするけど葉酸って一体何?

 (9012)

葉酸とは、生命維持に必要とされている13種類の必須ビタミンのひとつで、ビタミンB群の一種です。
その名の通り「葉」に多く含まれるビタミンです。

葉酸は、細胞分裂や増殖が活発に行われるお腹の赤ちゃんにとって必要不可欠な栄養素なのです。

通常は葉酸不足になることはまずないのですが、妊娠中は通常の1.5倍の量が必要になると言われています。
妊娠中は意識して葉酸を摂るようにしないと、葉酸不足になってしまいます。

日本では2000年に厚生労働省から、いつもの食事やサプリメントから1日400ugの葉酸を摂取するようにと勧告が出たほど、葉酸は赤ちゃんにとって大切なものなのです。
68 件