母乳にいい食べ物って?質の良い母乳を出すためにおすすめの食材や食べ方をご紹介!

赤ちゃんと過ごしていると自分の食事が疎かになってしまいますが、お母さんはきちんと食事を摂れていますか?お母さんが食べたものは母乳を介して赤ちゃんへと伝わります。赤ちゃんが健康に育つためにも、母乳の質や量には気を配るようにしましょう。数多くある食べ物の中でも母乳にいいとされる食べ物やレシピをご紹介するので、母乳育児を頑張っているお母さんもミルク育児のお母さんも食事には気をつけるようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/06/06 公開 | 480 view

母乳にいい食べ物って?質の良い母乳を出すためにおすすめの食材や食べ方をご紹介!

母乳にいい食べ物で質の良い母乳を赤ちゃんに

Free photo: Child, Family, Newborn Baby - Free Image on Pixabay - 821214 (71454)

母乳育児を目指していると母乳の質や量がどうしても気になってしまいますよね。母乳は血液から作られるので、お母さんが食べた食事によりその質や量が左右されます。お母さんが食べる食事内容で質の良い母乳をあげることができますし、逆に食事を疎かにしていたりバランスの悪い食事を繰り返していると母乳の量が低下したり質が悪くなります。

母乳育児だからと食事にストイックになる必要はありませんが、食事内容の偏りには注意しましょう。授乳期間中は食べたものにより乳腺が詰まる恐れがあり、乳腺が詰まると母乳の出が悪くなるほか、お母さんの胸も痛くなってしまいます。育児中だとなかなか食事内容にまで手が回らないと思いますが、まとめて作れるうちに作っておくと楽ですよ。良い母乳を与えてあげるためにも、お母さんの胸を健康に保つためにも食事内容には気をつけるようにしましょう。

母乳にいい食べ物って?

Free photo: Salad, Pear, Cheese, Leaf Lettuce - Free Image on Pixabay - 2157795 (71455)

母乳に良い食べ物を積極的に食べるように食事内容を見直してみましょう。母乳と食事の関係については医学的根拠や決定的な研究結果があるわけではありませんが、食事内容で母乳の量などに影響すると考えられているため、なるべく体に良いものを食べるようにしましょう。

白米

体のエネルギー源となる炭水化物です。お母さんのエネルギー源の他母乳の主成分になるので1日に1回は白米を食べるようにしましょう。なかなか育児で食事に手が回らないのであれば、冷凍保存しておけば好きなときに食べられます。炭水化物量が減ると糖分不足となりお母さんの体が持ちませんから、おにぎりでも良いので白米を食べるようにしましょう。

豆類、大豆製品

納豆など大豆や豆類を食べると良いです。タンパク質が含まれているので血液になります。母乳は血液から作られるので豆類を多く食べ、しっかりとタンパク質を摂取しましょう。タンパク質は他に肉や魚に含まれていますが、脂分の多い食べ物はおっぱいを詰まらせるのでなるべく脂分の少ない豆類を中心にささ身や小魚を食べるようにしましょう。

温かいスープやみそ汁

母乳に大切なものに「水分」があります。水分が不足するとお母さんの水分不足の他に母乳の出が悪くなってしまいます。水分といえば水やお茶を飲む人が殆どですが、冷たいものは体を冷やしますし、栄養が低いです。温かいスープやみそ汁を飲むようにして不足しがちな栄養をしっかりと補うとともに、体を冷やさないようにしましょう。

野菜、主に青菜や根菜類

野菜にはビタミンや鉄分などの栄養素が豊富に含まれています。特に青菜や根菜類がおすすめで、根菜類は体を温める効果が期待できるのでスープなどに入れて食べるようにしましょう。具たくさんスープを一度に作っておき、冷凍保存すれば温めるだけで簡単に食べることができます。育児中は毎回作るのが大変なので、まとめて作れるときに作って冷凍保存しておきましょう。

母乳にいい食べ物はどんな食べ方でも良いの?

39 件