産後うつ?産後大忙しのママの変化するこころとからだについて

産後赤ちゃんの身の回りのお世話で大忙しのママ。 赤ちゃんのことばかりで必死になりがちですが、ママ自身の体も大きく変化する時なのであまり頑張りすぎないで!! 本当に困ってもう嫌だと投げ出してしまいそうになるこれって産後うつ? そうなる前にSOSを自分で出しましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/22 公開 | 126 view

産後うつ?産後大忙しのママの変化するこころとからだについて

産後1か月は、ゆっくり体を休めましょう!

 (39138)

妊娠時期に変化した体は、出産という大仕事を終えて少しずつ妊娠前の元の体に戻っていきます。
この時期を産褥期といいます。
特に産後一か月は、体全体が回復するのに大切な期間なのでゆっくりと休養することが大切です。
産後すぐに無理をしてしまうと、一か月検診や更年期にまで影響が出てしまいます。
中には、帝王切開や無痛分娩などによってお産の疲れをそれほど感じない人もいますが、どんな方法でお産されてもお産はお産です。
全然動けそうだと自分が判断しても体は疲れているのでしっかりと休むことが大切です。
また、パソコンや携帯など長時間使用するのはできるだけ控えましょう。
体を動かしていなくても目や神経に疲れが出てきて体の不調につながってしまいます。

周りに遠慮せずに気楽に過ごすことが大切!

 (39148)

1か月しっかりと休養を取るには、家事や赤ちゃんの沐浴などできるかぎり周りの人に任せましょう。
ここは、パパや双方の両親、周りの人に自分の希望を伝えて乗り切りましょう。
無理して気を使って動いたりするのは、本当に良くないです。
赤ちゃんはママだけに責任があるわけではありません。
この時期にママがするのは、赤ちゃんのお世話だけです。
なるべく赤ちゃんのお世話以外のことは、自分でするのではなく周りの人に頼ってできるだけ気楽に過ごしましょう。

マタニティブルーは母性愛が育っている証

 (39161)

産後は、ホルモンの急激な変化がこころにも影響します。
わけもなく涙があふれてきたり、不安や焦り、食欲低下や寝不足などの症状から4人に1人が経験すると言われています。
しかし、ほとんどが一時的なものです。
ホルモンバランスが崩れるのは、産後3~5日目から始まります。
しかし10日目くらいには、軽快してきます。
産後は、体調が万全ではないので慣れない育児に疲れ、ふとした時にブルーになって涙が出てしまっても当然です。
泣きたい時は泣いて、つらいときはパパや親など周囲の人に相談して一人で抱え込まないようにしましょう!
だんだんと体調が戻って育児にも慣れてくると自然におさまってきます。

体調に合わせて少しずつ体力づくり

 (39170)

産後2か月以降は、少しづつ体調が安定してきます。
産後1か月検診で異常が無ければ、エクササイズなど取り入れて、日常生活の中で意識的に体を動かして体力をつけていきましょう!
そのうち、体重も自然と減っていきます。
しかし、まだ体は回復途中なので産後に悪露の量が多かった人や子宮後屈の人は茶褐色の悪露が出たり、1か月検診後も津木菟場合があり、人によってそれぞれです。
急に無理をして体力づくりを始めるのではなく、少しずつ普段の生活に戻していくようにしましょう。

心配!抜け毛トラブル

 (39931)

産後2、3か月くらいから抜け毛トラブルが始まります。
髪の毛にコシやハリがなくなって抜け毛が増えることがあります。
お風呂でシャンプーをして排水口にたまった抜け毛を見てびっくりする人もいるかもしれません。
産後のホルモンのバランスの変化やこころと体のストレスが抜け毛の原因です。
特に母乳がいっぱい出ている人や睡眠不足の人に多くみられます。
この抜け毛に関しては、特別な治療を受ける必要はなくて、乳児期後期になり、授乳回数が減ってくるとだんだん治まってきます。
なのでそこまで心配する必要はありません!!
シャンプーするときは、地肌をよくマッサージするようにして、十分な睡眠をとるようにしましょう!
24 件

この記事を書いたキュレーター

関連する記事