ピルと妊娠の関係とは?「効果や副作用」について学んでみよう♪

ピルは、名前は聞いたことがある、でもどんな薬なの?妊娠との関係は?本当に安全なの??と知られていない疑問が多い薬の1つではないでしょうか。ピルの妊娠を防ぐ効果や副作用はもちろん、入手方法から注意点まで詳しく説明します。ピルを適切に使うことで、予定外の妊娠を防ぎましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/14 公開 | 135 view

ピルと妊娠の関係とは?「効果や副作用」について学んでみよう♪

ピルってどういった薬?

Free photo: Pills, Birth Control Pills, Control - Free Image on Pixabay - 1354782 (35572)

ピルと聞いて、皆さんはどんなイメージが浮かびますか?
「よくわからない薬」
「身近ではなく、特別で怖い感じ」
「作用が強くて副作用がありそう」など。
漠然としているものの、不安のイメージを持つ方が多いかもしれません。

ピルって実際はどんな薬なのでしょうか。

ピルは、妊娠を防ぐために女性が飲む避妊薬です。
経口避妊薬とも呼ばれます。

日本ではまだまだ馴染みがありませんが、欧米諸国を中心に海外では一般的な避妊方法です。
コンドームなどと異なり、女性が主体となって予定外の妊娠を防ぐことができます。

ピルには2種類のホルモン:エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が含まれています。体内のホルモンの量を調整することで、排卵のタイミングをコントロールし、妊娠を防ぎます。

決して“怖い”“不安な”薬ではなく、適切に服用することで、女性の人生計画にとって大事な薬なのです。

ピルは100%避妊効果があるの?

妊活/妊娠検査薬/エコー|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (35919)

では、ピルを飲んだら、絶対に妊娠を防げるのでしょうか?
答えは、NOです。

ほぼ100%近い避妊効果があると言われるピル。
しかし、飲み方や体調・体質によっては、十分に避妊が出来ないことがあります。

ピルで避妊をするためには、
・自分にあったピルを
・1日1錠
・決まった時間に
・忘れずに
飲み続けることが不可欠です。

ピルは治療としても使われている

Free photo: Medical, Appointment, Doctor - Free Image on Pixabay - 563427 (35582)

ピルは、予定外の妊娠を防ぐ避妊のための薬ですが、実際には治療目的に処方されることも珍しくありません。子宮内膜症や、月経前症候群、生理痛を和らげる治療薬としても注目されています。

生理前の不快な症状や、重い生理痛、出血量が多く悩んでいる方は、気軽に婦人科で相談してみましょう。
重い生理痛に悩まされ、先生にお願いしてピルを出してもらいました。2年間服用し、痛みという感覚はなくなりました。
多嚢胞性卵巣症候群で3年ほどピルを服用しました。生理の周期で落ち着いて、昔のような酷い生理痛もなくなりました。体自体にリズムを作ることができたのかなと思います。

ピルに副作用はあるの?

Free photo: Headache, Pain, Pills, Medication - Free Image on Pixabay - 1540220 (35571)

37 件

関連する記事