「お盆に海に入ってはダメ」って本当?迷信だけではない危険な6つの理由とは?

昔からの言い伝えで「お盆の時は海に行ってはいけない」と聞いたことはありませんか?それって単なる迷信だと思っている方、実は本当に危険な理由があるんです。何故、お盆の時は海に行ってはいけないのか?行ってはいけない期間はいつまでなのか?など、様々な疑問についてまとめてみました。ちょっとした豆知識として知っておくと良いですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/06/06 公開 | 3215 view

「お盆に海に入ってはダメ」って本当?迷信だけではない危険な6つの理由とは?

お盆の海に関する言い伝えとは?

Free illustration: Question Mark, Concept, White, Sign - Free Image on Pixabay - 213671 (71671)

昔から日本では「お盆の時は海に行ってはいけない」「縁起が悪い」といった言い伝えがありました。その理由の1つに「お盆期間中は、地獄の釜の蓋が開く」と言われ、あの世から悪い霊が戻ってきて、海水浴に来た人間をあの世へ連れて行ってしまう…というものがあります。本当かどうか分かりませんが、昔の日本は、魂や霊と言ったことをとても信じていましたので、お盆中の海や川の出入りを非常に恐れていたんだそうです。

また、昔の人は「海や川はあの世へ続く道」と考えられていたので、お盆中は、ご先祖様が川や海をつたって帰ってくる「神聖な道」になると考えていました。そんな時に、海や川に出入りしては「神聖な道が汚されてしまう」と言う意味もあり、お盆中の海や川には入ってはいけないと伝えられたそうです。
三途の川や灯籠流しは、このような教えのもと、出てきた考え方や風習なのかもしれませんね。

しかし、これらのような非科学的なものが原因だけではなく、お盆期間中に海や川へ行っては危険であるという、きちんとした理由があるんだそうですよ。早速、その真相についてご紹介します。

お盆に海や川に行くのが何故イケナイの?

Free photo: Seascapes, Motion, Ocean, Wave - Free Image on Pixabay - 1641978 (71672)

本当に昔の人が言うようにお盆中の海や川は危険なのでしょうか?本当にあの世から悪い霊が集まってくるのでしょうか?調べてみると、単なる迷信というわけでもない事が判明しました。お盆中に海に入ってはいけない本当の理由をご紹介します。

理由1. ご先祖様の霊をお迎えする時期だから

かわいいフリー素材集 いらすとや (71674)

そもそもお盆とは、祖先の霊を供養する行事です。お盆の時期には、ご先祖様や故人の霊が家に帰ってくるので、迎え火をたいて霊を迎え、そして最終日には送り火をたいて霊を送りますよね。

このように、お盆はご先祖様や故人を敬い、供養をともにするという時期なので、そんな時に自宅を離れて海へ遊びに出掛けるなんてとんでもない!…という考えが大きく影響した為だと言われています。
ご先祖様を大切にすることや、古くからの風習を大切にするのは、日本ならではの考え方なのかなと思います。

理由2. 水難事故が多発する時期だから

Free photo: Sunset, Boat Sea, Ship - Free Image on Pixabay - 675847 (71677)

ちょうどお盆の時期は、毎年「離岸流」による水難事故が多発すると言われています。離岸流とは、海岸の波打ち際から沖合に向かって出来る流れのこと。
離岸流が発生してしまうと、まるで霊に足を引っ張られてしまったかのようになり、膝下くらいの深さであっても、流れに飲み込まれてしまうんだそうです。

浅い海辺なのに、何故か溺れ死んでしまう人がいた…などと言うことは、霊の仕業ではなく、このような離岸流のせいだったのかもしれません。

理由3. 土用波の危険があるから

Free photo: Wave, Sea, Surf, Swell, Foam, Spray - Free Image on Pixabay - 384385 (71676)

一般的に、お盆の期間というのは、8月13日からの4日間のことを言います。地域によっては、7月である場合もありますが、多くは8月ですよね。そんなお盆の期間中は、昔から台風が増える時期と言われていました。その台風の影響で発生した波浪は、うねりとなって周辺の海に伝わります。この時に突然大きな高波が現れるのですが、これを『土用波』と言って、昔から漁師からは恐れられていました。

高波と同時に引き波も強くなるので、波が引くときに足を取られる危険も出てきます。土用波の特徴は、沖ではあまり目立たなかった波が、海水浴場など遠浅の海岸で突然高い波となり、人々を飲み込んでいくところです。
突然の高波に対応しきれず、溺れてしまう恐れもある為、大変危険なんですよ。だから、この時期は海へ近づいてはいけないんですね。
48 件