子供を何時に寝かせてますか?年代別の理想の睡眠時間!「寝る子は育つ」は本当だった!

「寝る子は育つ」と昔から言われていますが、子供の健やかな成長には、十分な睡眠時間を確保することが一番です。子供にとっての睡眠は、私達が思っている以上に心身に影響を及ぼしています。寝付きが悪かったり、夜更かしをする癖があったりすると、子供の睡眠時間っが足りているのか不安になることもありますよね。今回は、子供にとって理想的な睡眠時間とはどのくらいなのか、また年齢別の理想的な睡眠時間の取り方はどのくらいなのかをご紹介していきます。この機会に子供の睡眠時間が足りているのか、是非チェックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/06/13 公開 | 2227 view

子供を何時に寝かせてますか?年代別の理想の睡眠時間!「寝る子は育つ」は本当だった!

皆さんは子供を何時に寝せていますか?

 (72663)

皆さんは子供を何時に寝かしつけていますか?
最近では、夜の睡眠時間が少ない生活スタイルの子供達がとても多いと心配されているそうです。

もちろん、年齢によって多少の前後はあったりしますが、共働き世帯の増加などで夕飯の時間が遅くなり、幼児期の子供でも夜遅くまで起きていることが多いようです。
2歳、お昼寝は昼食後3時間。
基本的には8時過ぎから寝かしつけにはいり、9時には寝ます。
でも、ちょっと前、寝かしつけ時間はかわらないものの、ほんっっとに寝なくて10時とかありました。
とてもストレスで気が狂いそうでしたが、気がついたら落ち着いてました。
息子12、娘12まで、つまり小学生のうちは8時にハウスでした。
5時ごろお風呂、6時半に夕飯、8時までは子供向けTV見ても良し勉強しても良し。
おかげでスクスク健康に育ちました。
まだ子供がお昼寝をしてくれるのであれば、多少の睡眠不足はお昼寝で補うことが出来ます。
しかし、ある程度大きくなってお昼寝をしなくなってくると、夜の睡眠時間を十分取ることがとても重要になってくるのです。

子供達は、日中活発的に動いているため、夜に充分な睡眠時間を確保して疲れを取ることが必要です。
また、子供が夜眠っている間は、成長や特に脳の成長に必要不可欠な成長ホルモンが分泌されるのです。


睡眠時間が減るだけ、この大切な成長ホルモンの分泌が減ってしまうということですね。
この成長ホルモンは、子供の身体にどんな影響を与えるのでしょうか。

子供に成長ホルモンが足りていないとこんな影響が…

 (72664)

子供にとって大切な成長ホルモン。
これが不足すると以下のような影響が生じることがあります。

・肥満児になりやすくなる
・イライラしやくなる
・活気がなくなる
・興味がなくなる

最近は、幼児期から肥満の心配がある子が増えています。
成長ホルモンには、子供の筋力を養う効果があります。
そしてこの筋力がしっかりしてくると、身体の代謝を促進してくれますため、肥満の予防に繋がるのです。

また、大人でもしっかり睡眠を取らないと疲れが取れないので、子供も同じようにしっかり睡眠を取ることが大切です。
脳が一日の疲れを癒すことが出来ると、集中力や記憶力、知能の発達を高める効果があると言われています。
睡眠時間をきちんと取っている子供ほど、学習能力が高いという研究データも出ているんですよ。

生後半年~3歳の理想の睡眠時間

 (72667)

生後半年から3歳頃の子供は、ほとんどの子が夜と昼の区別がつくようになってきます。
この頃から、夜にまとめて眠ってくれることも多くなってくるようです。

子供の体内時計は、夜に分泌されるメラトニンというホルモンによってコントロールされています。
夜は暗くて落ち着ける環境の下でメラトニンをしっかり分泌させ、逆に日中は明るい環境で活動的に過ごすとうメリハリがとても重要です。

しかしこの頃の子供は、まだ夜だけの睡眠では睡眠時間が十分に足りないので、日中のお昼寝も大切になってきます。
生後半年から3歳の頃の理想の睡眠時間は、12~14時間と言われています。

4歳~6歳の理想の睡眠時間

 (72666)

4歳頃からは幼稚園に通い始める子供も増えてきて、日中の活動時間が長くなってきます。
乳幼児の頃は、眠りが浅くすぐに起きていた子も、この頃から深い眠りをしてくれるようになります。

4歳~6歳のこの時期に必要な睡眠時間は、11時間~12時間と言われています。
もちろんこの時期も夜の睡眠だけでは足りないので、お昼寝の時間もきちんと確保しながら、夜早めの就寝が理想となります。

しかし注意が必要なのが、無理に子供に昼寝をさせてしまうと、夜に寝付きが悪くなったり、浅い眠りになってしまったりとあまり良くありません。
昼寝をすることで子供が夜に寝付かないようなら、昼寝の時間を減らすなどの工夫が必要ですね。
36 件