幼児期に英語学習を取り入れたい!どんな教材があるの?教室は?いろいろ比較してみました

お子さんが幼児期のうちから英語学習を取り入れたいと考えているママは多いようですが、いざ始めるとなった時、どの教材を選べばいいのか悩みませんか?私自身も子どもの英語教材をどうするかかなり悩んだ1人。英語の教材は家庭でできるものもあれば、教室に通って習得するものもあります。教材の種類が大すぎて分からない…というママのために、英語教材や教室のそれぞれの特徴をまとめて比較してみました。お子さんにあった学習方法を見つけ、楽しく英語を学びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/05/20 公開 | 41 view

幼児期に英語学習を取り入れたい!どんな教材があるの?教室は?いろいろ比較してみました

幼児期から英語の教育は必要!?

Girls Children Kids - Free photo on Pixabay (150748)

英語の教育に力を入れているママが増えてきているそう。早い方だと、お子さんが1歳になる前から始めているという方もいるんだとか。「幼児にはまだ英語は難しい、早いんじゃない?」と思うかもしれませんが、以前にもまして英語力が求められる時代です。幼児期に英語の学習を始めたいのには、理由があります。

幼児期に正しい英語の発音に触れさせたい

言語の習得はある一定の時期を過ぎると困難になってしまうという仮説があり、これを臨界期といます。言語の臨界期は一般的には9歳ごろまでと言われていますが、音の聞き取り能力が最も優れているのは3歳ごろまでとも言われています。

英語の音素は非常に多くの数から成り立っているのですが、日本語の音素というのは英語よりも少ない数で成り立っています。普段から少ない音素で会話をする日本人は「L」と「R」の発音の聞き取りが苦手と言われていますが、聞き取り能力に優れた幼児期に英語に触れることで、正しい英語の発音を身に付けれられるのです。

英語=学ぶではなく、楽しむ!

「学ぶ」という概念が身についてしまうと、いざ英語教育を始めてもどうしても英語=お勉強という感覚になってしまいます。でもその概念がまだない幼児期のうちに英語の歌を歌い、踊り、ゲームをするような感覚で楽しみながら英語に触れることで、英語を自然に楽しく身に付けていくことができます。

英語の授業は小学校から始まる!

英語教育は小学校から始まります。英語が並んだ教科書を始めて見るお子さんは、今まで触れたことがない言語にちょっとびっくりしちゃうかもしれません。でも幼児期に少しでも英語に触れているお子さんなら、教科書の英語の文字を見て「これ知ってる!」と英語の授業にも親しみを持ちやすくなるのではないでしょうか。

幼児期に英語教育を取り入れる方法は3つある!

 (150751)

私自身も子どもの英語教育は必要だと感じていて、英語の教材にはどんなものがあるのか調べました。時には資料を請求し体験教室にも足を運び、実際に英語を習わせていた先輩ママさんからの情報なども集めたりなど。教材によって特色があることがわかり、実際に使うお子さんに合っているものを探すのはもちろんですが、ママのライフスタイルにも考慮して探すのが良いのではと感じています。

幼児期に英語教育を取り入れる方法は3つ。そのメリット・デメリットも交えて見ていきましょう。

1.家庭で楽しく学べる英語教材

申し込みをすると定期的に家庭に教材が届き、ママと一緒にお家で英語を学ぶ方法です。

<メリット>
・自宅でできるので、ママが忙しくても続けられる
・手元に教材が残り、おもちゃで遊ぶ感覚で好きな時に楽しめる
・兄弟がいても一緒に使えるので、経済的
・使わなくなったら親戚などにおさがりであげることもできる
・定期的にイベントも開催されるものもあり、外国人の英語の先生と実際に触れあう機会もある


<デメリット>
・家庭教材なので、ママの頑張りが必要
・保育園などに通っていると、教材のDVDを見る機会が少ないかも?
・子供が飽きる可能性がある
・教材がたまる

2.お友達と楽しく学べる英語教室

74 件