生命保険を見直すタイミングはいつ?加入したままでは勿体ない!見直しのポイント4つ!

生命保険を見直していますか?日本の生命保険は多種多様あり、2、3年ごとに保険が変わっていると言われています。そのため、保険の構造が複雑になっています。生命保険は、1度加入したらそれでよいとは限りません。ライフスタイルによって、保障内容を確認、変更していく必要があります。実際に保険の見直しを無料相談した私の体験も交えて、生命保険の見直しポイントをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/03/03 公開 | 138 view

生命保険を見直すタイミングはいつ?加入したままでは勿体ない!見直しのポイント4つ!

生命保険の見直しはいつ?

Free photo: Boys, Kids, Children, Happy - Free Image on Pixabay - 286245 (45005)

皆さんは生命保険に加入していますか?
生命保険と言っても、日本には多種多様な保険がありよくわからないですよね。私も独身時代に親に勧められた保険に入っていましたが、出産を機に見直しを行いました。

2008年にライフネット生命が行った調査では、約7割の方が保険を見直したいと思っています。
なぜ保険を見直すのか。理由は人それぞれですが、ライフスタイルが変わったことがきっかけで見直したいと考える方が多いようです。

例えば、結婚、出産、住宅購入、収入の変化などの理由が多いようです。
私自身、結婚してから2回保険の見直しを行いました。まず1回目は、1人目の出産時に学資保険と夫婦の生命保険を見直しました。2回目は、2人目を出産時に学資と夫婦の生命保険と個人年金を見直しました。

①就職したとき
②結婚したとき
③妊娠・出産したとき
③住宅を購入したとき
④子どもが独立したとき
⑤退職したとき 
⑥既存の保険の満了期

以上に当てはまる場合は、保険の見直しの主なタイミングです。ほかにもライフスタイルに変化があったときは、1度保険を見直してみましょう。

自分で生命保険の見直しはできる?

Free photo: Woman, Tablet, Electronic - Free Image on Pixabay - 2099465 (44774)

結論から言うと、自分で保険を見直すことは「大変」です。それは、生命保険の仕組みが複雑だからです。

2回の保険の見直しをしたことで最低限の知識は身についたと思いますが、なかなかすべてを理解することは難しいように感じます。

生命保険は大きく分けて3つに分類できます。それは「定期保険」、「養老保険」、「終身保険」です。日本には多種多様な生命保険が存在しますが、だいたいこの3つに分類することができます。

生命保険に加入する際は、この3つを上手く組み合わせることが必要です。しかし、保険を難しくしているのが、各保険の保障内容だと思います。

入院保障や死亡保障、収入保障に先進医療保障…あげだしたら混乱しそうになりますよね。そんなときは、プロにまかせるのが1番いいと思います。

現在では、テレビCMでもおなじみになっている生命保険の無料診断。私も2回とも生命保険の無料診断を利用しました。ほんとに無料なの?と思う方もいるかもしれませんが、無料で見直しをしてくれます。

自分で生命保険の仕組みを勉強して見直すことも可能ですが、プロの方にお願いしてもよいと思います。

生命保険の見直しはプロに任せよう!

Free illustration: Man, Laugh, Smile, Happy, Relaxed - Free Image on Pixabay - 451283 (44772)

自分で勉強して見直す方は、素晴らしいと思います。できれば、自分自身で理解して保険に加入することがいいのだと思います。

しかし、私には自分で勉強するという発想がなくプロにお任せすることにしました。プロというとFPの方が見直しの相談を受けてくれます。

見直しをする際は、現在加入している保険証書が必要になってきます。証書があれば、だいたいの保障内容がわかるので足りない部分であったり、保証が重なっている部分など指摘してくれます。

それを踏まえて、今の保険に加入し続けるのか乗り換えるのかを考えていくことになります。相手は、プロなので自分が疑問に思っていることは話したほうが良いと思います。

プロだからすべてを任せていいかと言ったら、私は疑問に思います。矛盾しているかもしれませんが、保険料を払うのは自分自身なので少しでもわからないことは質問したほうが、安心して保険に加入できると思います。

自分から、どのような保障がほしいのか保険料はいくらぐらいにしたいかなど要望を決めておくと、FPの方が条件にある保険を見つけてくれます。

つまり、保険の保障内容はある程度自分で考えて、FPの方に条件に合う保険を見つけてもらうという考え方のほうが良いかなと私は思います。

FPってなに?

FPとはファイナンシャル・プランナーのことです。FPは「家計のホームドクター®」として、家計の管理方法や保険の見直し、住宅ローンなどお金にまつわる専門知識を持っている方です。

FPは資格なので、勉強すればだれでも取得は可能です。FPの知識は、生活するうえでも大切になってくるので勉強して損はないと思います。

ライフプランを立てよう!

Free photo: Office Stuff, School, Note, Pen - Free Image on Pixabay - 1574661 (44771)

23 件