妊娠中に読んでおきたい14冊の本を紹介!出産に向けていろんなものを読んでおこう

妊娠や出産、育児は楽しみなことが多いけれど、初めてだと分からなくて不安に思うことも多いですよね。そんな気持ちを解消してくれたり共感してくれるのが本です。産後は赤ちゃんのお世話が始まるので、ゆっくり本を読む時間も取れないということも。本を読んでおくなら、妊娠中がおすすめです。でも本ってどんなものを読めばいいの?妊娠中に読んでおきたい本の種類やオススメの14冊をピックアップしました。どれもママやパパの助けになってくれる本なので、ぜひ読んでみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/05/15 公開 | 19 view

妊娠中に読んでおきたい14冊の本を紹介!出産に向けていろんなものを読んでおこう

妊娠中に読んでおきたい本の種類

Coffee Book Flowers - Free photo on Pixabay (149871)

妊娠中は赤ちゃんがお腹の中にやってきてくれて嬉しい気持ちがある反面、出産や育児、これからの生活のことなど、初めてのことがいっぱいあるので不安に思っているママもいることでしょう。

そんな不安を和らげてくれるのが妊娠や出産、育児に関する本ですが、種類も様々。まずは妊娠中のママ自身が読みたい本を見つけるためにも、どんな本があるのか知っておきましょう。

マタニティ雑誌

妊娠に関する情報が詰まっているマタニティ雑誌。産院にも置いていることもあり、本屋さんでもどんなことが書いているのか立ち読みできるので、妊娠してまず目に触れることが多い本です。

妊娠ハウツー本

赤ちゃんはお腹の中でどんなふうに育つの?妊娠中はどんなことに気を付ける?何を食べたらいい?出産までにしておくことは?ママが妊娠期を過ごすために必要な情報がすべて詰まっている妊娠ハウツー本は、1冊持っておくと心強いかと思います。

エッセイ本

先輩ママさんたちの体験談や、助産師さんのエッセイ本はためになることや妊娠中のママの不安を和らげてくれるもの、元気付けてくれるくれるもの、共感できるものなどがあります。

出産は誰しも不安に思うこともあるでしょうが、赤ちゃんに合えるのは楽しみですよね。先輩ママ達がどんな思いで妊娠期を過ごしていたのか、エッセイ本を読んでみるとヒントが得られるかもしれません。

気軽に読める漫画

活字よりも親しみやすく楽しく読めるのが漫画です。漫画家さんの妊娠中のエピソードには、クスっと笑っちゃうようなエピソードも。もちろん、妊娠期のママが共感できたり勇気づけられたりというエピソードも詰まっています。

レシピ本

妊娠期の食事って悩みますよね。つわりで食べられるものが限られるのに、体重制限にも気を付けなければいけないし、お腹の赤ちゃんにも栄養を送ってあげなくちゃいけない。

どんなものを食べたらいいのか悩んだら、妊婦さんに向けたレシピ本を見てみるといいですよ。

名づけ本

赤ちゃんが生まれたら、生後14日までに出生届を提出することになります。生まれる前にいくらか候補を挙げておきたい場合、名づけの本にも目を通しておくといいかも。

名づけの方法はいろいろあります。響きで考えたり、漢字で選んだり。特に画数や縁起の良い文字を使いたいと考えているママは、名づけの方法が詳しく掲載されている名づけ本がオススメです。
51 件