知っておきたい!妊娠高血圧症候群のこと◇症状や治療など経験者がご紹介します!

妊娠中に起こる妊娠高血圧症候群。妊婦さんや妊娠を希望している方なら一度は耳にしたことのある病名ではないでしょうか。妊娠高血圧症候群が実際どんなものなのか、その病気についてや症状、治療についてわたしの体験談もあわせてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/06/20 公開 | 767 view

知っておきたい!妊娠高血圧症候群のこと◇症状や治療など経験者がご紹介します!

妊娠高血圧症候群ってなに?

Free photo: Pregnant, Mother, Body - Free Image on Pixabay - 1245703 (74094)

まずは妊娠高血圧症候群とは、というところからです。妊娠高血圧症候群とは妊娠中になんらかの理由によって血圧が高くなり、尿たんぱく、血管障害、臓器障害などを起こしてしまう病気です。

妊娠高血圧症候群の定義としては【妊娠20週から産後12週までに高血圧がみられる場合、また高血圧に尿たんぱくが伴う場合のどちらかで、なおかつ、これらの高血圧の症状が単なる妊娠の偶発合併症によって起こっているものではないもの】とされています。

20週から32週の間に発症した場合は【早発型】32週以降に発症した場合は【遅発型】というそうで、早発型の方が重症化しやすいそうです。
妊婦さんの3%~7%に発症していて、重症化するとママと赤ちゃん両方の命にかかわる症状となってしまう場合もあります。

妊娠高血圧症候群◇原因となりやすい人

 (74095)

はっきりと原因がわかっていないのだそうです。妊娠にカラダがうまく適応できないからだといわれていたりします。原因かもしれないとされていることは、胎盤が作られるときにより多くの血液を赤ちゃんに届けるために作られる血管がうまく作れなかったというのが原因ということがいわれているようです。これも、確かな原因というのではなく、まだまだ研究の段階といえそうです。

ただ、妊娠高血圧症候群になりやすいとされる人はわかっているのであげてみます。

・妊娠する以前から肥満傾向にある(BMI25以上)
・妊娠してから体重が急激に増えた
・高血圧、甲状腺機能の障害、糖尿病などの持病がある
・血縁者(家族)に妊娠高血圧症候群になった人がいる
・年齢が15歳以下、または、35歳以上
・初産の人や前回の妊娠出産から5年以上たった経産婦
・双子などの多胎妊娠の場合
・前回の妊娠のとき、妊娠高血圧症候群になった人

年齢的に、35歳以上はリスクが高くなり、40歳を超えるとますますリスクがあがるといわれています。
BMI値が25以上の肥満気味の人や高血圧の症状のある家族や親せきが多い場合のリスクは通常の3倍ともいわれているようです。

なりやすい人に当てはまっているから、必ず妊娠高血圧症候群になるということではもちろんありません。妊娠中の過ごし方など、発症しないようにリスクを下げる生活をすることは可能です。
「なりやすい体質のようだから」とあきらめる必要はありません。

妊娠高血圧症候群◇どんな症状?

 (74096)

妊娠高血圧症候群の主な症状は

・血圧の上昇
・むくみ
・頭痛
・めまい
・倦怠感
・眠気
・ほてり
・尿たんぱく
・尿が少なくなる

このような症状が出るそうです。妊娠するとあらわれる症状と区別がつきにくいものもありますが、カラダの変化には気をつけておいた方がいいですね。
血圧や尿の検査は、妊婦健診のたびにするので、きちんと妊婦健診に行って早めに症状をキャッチできるようにしましょう。

重症化したときの症状

Free photo: Pregnant, Silhouette, Pregnancy - Free Image on Pixabay - 1246237 (74098)

妊娠高血圧症候群で危険な症状の代表的なものが3つあります。【子癇】【HELLP症候群】【常位胎盤早期剥離】この3つはママと赤ちゃんを命の危険にさらすものなので十分に注意が必要です。

子癇は、急激に血圧が上がったことで脳の中の血が増えて、脳の中でむくみが起き痙攣を起こす症状をいうそうです。
気を付けたい症状としては、突然目がチカチカしたり、見えにくくなったり、ひどい頭痛やひどいほてりなど、それまでになかったのに突然あらわれたという症状があったときは受診した方がいいですし、痙攣をおこした時にはすぐに救急車を呼んだ方がいいでしょう。

HELLP症候群は、血液中の赤血球が壊されしまい肝機能が悪くなり、血小板が減ってしまう症状のことをいうそうです。
突然みぞおちあたりが痛くなったり、吐き気や嘔吐といった症状が出るのだそうです。妊娠高血圧症候群の妊婦さんの4%~12%が、子癇の50%に発症するのだそうです。

常位胎盤早期剝離は、子宮の正しい位置にある胎盤が、赤ちゃんが生まれるよりも早くにはがれてしまう病気です。死亡率はママが5%~10%、赤ちゃんが30%~50%と高いといわれています。
症状は異常なおなかの張りと出血、おなかの痛み、胎動が少なくなるといった症状があるといいます。胎盤のはがれ方が大きい場合、出血性ショックを起こしたり、赤ちゃんが亡くなってしまうという可能性もあるそうです。
出血が止まらないときは子宮を摘出して止血しなくてはならないという場合もあるそうです。

子癇、HELLP症候群、常位胎盤早期剝離いずれにしても危険な状態です。ママ守るため、赤ちゃんを早い段階で出してあげる選択をしなければならないことも多くあります。
妊娠週数が早いなど、赤ちゃんを守れないという場合もあるというリスクの高い状態です。

妊娠高血圧症候群◇診断や重度と経度の基準

 (74100)

妊娠高血圧症候群はどんな基準で診断されるのでしょうか。端的にいうと、妊娠20週から産後12週までに高血圧がみられる場合、または高血圧にたんぱく尿を伴う場合を妊娠高血圧症候群と診断されるのだそうです。
ただし、妊娠する前から高血圧やたんぱく尿の診断を受けている場合は、高血圧合併妊娠など妊娠高血圧症候群とは違う診断になるのだそうです。

基準となる数値は【140/90mmhg以上】【尿中のたんぱくの量が300mg/日以上】とされています。
47 件