環境に優しいライフスタイルで心豊かに暮らす~からだにもお財布にも優しい生活を〜 (page 3)

2020年7月からレジ袋の有料化で、マイバッグを使うようになった方は多いのではないでしょうか。その背景にあるのは環境問題。環境に優しいライフスタイルは、マイバッグ以外にもたくさんあります。今回は私が実践してみた・これからしてみたいこと、家庭でできることをご紹介します。ちょっとした行動で、環境だけではなくからだにもお財布にも優しいライフスタイルになりますよ。また、環境に優しいライフスタイルを過ごすことで、心豊かに暮らすことができます。ぜひできることから始めてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2020/09/28 公開 | 269 view

環境に優しいライフスタイルで心豊かに暮らす~からだにもお財布にも優しい生活を〜

オーガニックコスメ

オーガニックコスメは何よりも肌や身体に優しいということが魅力ですよね。
そして、環境にも優しいことにつながります。

私も化粧をしていると、子供の肌と触れ合う時に躊躇してしまうこともありました。オーガニックコスメにしてからは安心して過ごすことができています。

布ナプキン

1回の生理で使い捨ての紙ナプキンを約20個使用すると言われています。
結構な量のゴミになりますよね。

環境に優しいのはもちろん、肌触りがよくて蒸れにくいのが布ナプキン。
紙ナプキンに含まれるような化学物質がないので生理痛も軽くなりますよ。

私も布ナプキンを愛用して7年程になります。
漬け置き洗いなどのデメリットもあるので市販のナプキンとの併用から始めるのもおすすめです。

Amazon | (グナレン) GNARAN そよ風シリーズ 布ナプキン コットン100% ダブル羽根付き タイプ3枚セット (フラワー, アリスLサイズ)

3,200
サイズが選べる3枚セットなので、初めて買う方にもおすすめです。
肌ざわりもよく、可愛い絵柄でほっとします。

月経カップ

今、少しずつ人気が出てきているのが月経カップ。
膣内に挿入して経血をためるシリコン製のカップです。

私も興味はありましたが、怖くて実際に購入するまで半年以上悩みました。
実際に使ってみるととても快適!
なぜもっと早くから使い始めなかったんだろうと思いました。

不快感が全くなく、生理痛さえなければ生理だということも忘れてしまうほどです。
今は布ナプキンと月経カップを併用しています。

Amazon | 月経カップ メルーナ 取り出しやすいリング型・クラシック・Sサイズ・ホワイト無着色 | メルーナジャパン | 月経カップ

3,291
メルーナの月経カップはサイズやカラーだけでなく、硬さや持ち手も選べます。
初めての方は硬さはクラシック、持ち手はリングがおすすめです。

環境に優しいライフスタイル#4.おうちの省エネ《キッチン》

 (185953)

ここまではエコな商品のご紹介でしたが、ここからはおうちでできる省エネライフスタイルについて取り上げていきます。

身近なことから、環境に優しいライフスタイルはできますよ。

・冷蔵庫と壁との間を5㎝以上にする
冷蔵庫の後ろに熱を放出する場所があるので、隙間を空けることで電気の省エネにつながります。
我が家も冷蔵庫と壁が近いので、年末の大掃除の時に隙間を空けることにしました。

・冷蔵庫の中は冷気の吹き出し口の前にものを置かないようにする
吹き出し口を塞いでしまうとより電気を消費してしまいます。

・炊飯器の保温を使わない
ご飯は長時間保温せず、炊いたらすぐに小分けにして冷凍保存することをおすすめします。
食べる時にレンジで温めるほうが節電になりますよ。
我が家では1膳用の保存容器に入れて保存しています。

・電気ポットよりは電気ケトル
電気ポットだと保温をし続けるよりも、必要に応じて電気ケトルでお湯を沸かす方が環境に優しいです。

・野菜の下ごしらえにレンジを使う
レンジで下ごしらえをすることはエコなだけでなく、時短にもなって便利ですよね。
積極的に活用したい方法です。

環境に優しいライフスタイル#5.おうちの省エネ《リビング・トイレ・お風呂》

 (185959)

ここからはリビング・トイレ・お風呂の省エネライフスタイルについてご紹介していきます。

・冷暖房の温度設定
冷房は28℃、暖房は20℃を目安に設定することをおすすめします。
夏は熱中症などには気を付けて設定してくださいね。いつもより1℃設定を変えるだけでも大きく違います。

・エアコンフィルターの掃除は月に1~2回
フィルターの掃除は各シーズンごとに行うという方も多いかと思います。
使用頻度にもよりますが、毎日使う場合には月に1~2回が目安になります。
フィルターの掃除はカビ防止だけでなくエコにもつながります。

・照明のつけっぱなしをやめる
廊下や部屋の電気はつけっぱなしになりがちですが、少しの心がけで大きく変わってきます。
家族みんなで考えてみる時間があってもいいかもしれません。
難しい場合は人感センサー付きの照明がおすすめですよ。

・トイレのふたを閉める
トイレの蓋も開けっ放しにすると電気を大きく消費してしまいます。
今は自動で蓋が閉まるタイプもありますし、エコモードにできるトイレもあります。

・お風呂は時間を空けずに入る
家族の生活スタイルによってはなかなか難しい場合もあると思います。
お仕事がお休みの日だけは間隔を空けないようにするだけでも違いますよ。
65 件