過保護とは?過干渉との違いを知って子どもの自己肯定感をUPさせる育児をしよう♪

過保護とはいったいどのようなことか説明することができますか?子どものことを思って子育てをしているママのほとんどが過保護でしょう。親世代や祖父母世代では過保護=甘やかしとして良くないことだと思われてきました。本当によくないことなのでしょうか?現在では、過保護は子どもの成長過程でとても大切なことだという専門家もいます。なぜなら過保護とは子どもの自己肯定感を育むことに繋がるからです。しかし過保護を通り越して過干渉になってしまうと、子どもの成長過程に大きな影響を与えます。今回は過保護と過干渉の違いや自己肯定感について解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/07/07 公開 | 900 view

過保護とは?過干渉との違いを知って子どもの自己肯定感をUPさせる育児をしよう♪

過保護とは?あなたは過保護?

Free Images - Pixabay (77964)

毎日育児を頑張っているママが多いと思います。私も2児のママとして毎日四苦八苦しています。
ママはいつも子どものことを考え、子どもの喜ぶこと、好きなことなど子どもの望みをできる限りかなえてあげたいと思っているでしょう。

そこで気になるのが「過保護」という言葉。
まずは、あなたが過保護なのかチェックしてみましょう!

【過保護チェック】

まずやってしまっていることをチェックしてみましょう!

□ 子どもがやっていることに先回りして手を出してしまう。
□ 子どもが欲しいものは全て買い与えている。
□ 片づけなさいと怒りながら片づけている。
□ 子どもがやりたいことを禁止する。
□ 子どもに「○○したら」など促す。
□ 子どもに身の回りの手伝いをさせない。

あなたはいくつ当てはまりましたか?
ほとんどのママが当てはまる項目が1つはあるのではないでしょうか。
私もいくつか当てはまる項目があります。
この項目にすべて当てはまる場合は、「過保護」かもしれません。

しかし、過保護は悪いことではないので、心配しないでくださいね。

過保護=良くないことって本当?

 (77968)

過保護に育てすぎると、「甘えん坊になる」「甘やかしすぎる」と良くないことと思っているママも多いのではないでしょうか?
確かに、「過保護すぎる」と子どもの人格形成に影響が出てしまう場合があるようですが、過保護に育てることは悪いことではありません。

むしろ自分の子どもを過保護に育ててしまうママが多いはず。かわいい我が子には痛い思いや寂しい思いなど不自由なく過ごしてほしいと願い行動してしまいます。

昔は、過保護に育てると子どもに悪影響が出るとして良くないこととされていましたが、現在は少し違う意見も出てきています。

それが、過保護でも良いという考えです。
現在は、反抗期を迎えずに成長してしまう子どもが多くなってきているようです。
それが過保護に育てたからと思われがちですが、それは違います。
過保護に育てることは、子どもの存在を認めてあげることに繋がるので、子どもの自己肯定感が育つとされています。

自己肯定感が育つと、自立も早くなると言われています。
また、自己肯定感が育つと自分に自信を持つことができるようになるので、失敗を恐れずにチャレンジする精神も育まれていくことがあります。

自己肯定感とは?

「自己肯定感」という言葉を聞いたことはありませんか?
最近育児書などに出てくるので見たり聞いたりしたことがあるママが多いと思います。

簡単に言うと自己肯定感は、自己を肯定することつまり「自分は存在してもいいんだ」と感じることです。

自己肯定感で大切なことは、子ども自身が「自分は居ても良い存在」と感じることです。
子どもがそう感じるためには、親やその子どもに関わる人がその子の存在を受け入れることが大切です。

だからこそ、過保護は育児には大切になってきます。
子どものすべてを受け入れ、愛情を注ぐことが自己肯定感を育んでいくようです。
しかし「過保護すぎる」のは良くないことです。そのうち過干渉になってしまう恐れがあるので、気を付けたほうがよさそうです。

過保護より恐ろしい「過干渉」

 (77978)

過保護と過干渉は違います。過保護は育児をする上で大切ですが、過干渉は子どもの発達に影響を与える可能性があります。
過干渉と過干渉は違うものですが、子どもが成長していくにつれて、過保護が過干渉になってしまうこともあります。

まずは自分が過干渉になっていないかチェックしてみましょう。

【過干渉チェック】

29 件