【レシピあり】子供が野菜を食べてくれない!ママのNG行動を見直して好き嫌いを克服しよう!

「子供が全く野菜を食べてくれない」「急に野菜を食べてくれなくなった」など子供の野菜嫌いで悩んでいるママも多いのではないでしょうか。子供には毎日きちんと朝昼晩3食栄養のあるご飯を食べさせなければなりません。そんな中で野菜の好き嫌いがあると、体調を崩してしまうのではないか、今後の身体の成長に影響が出るのではないかと心配になってしまいますよね。子供にどうにかして野菜を食べてもらいたいと毎日頑張っているママのために、今回はしてはいけないNG行動や、野菜嫌いを克服するポイント、レシピなどをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/08/09 公開 | 154 view

【レシピあり】子供が野菜を食べてくれない!ママのNG行動を見直して好き嫌いを克服しよう!

驚きの事実!野菜嫌いの子が意外と多かった!

 (83146)

ママが作ったご飯に野菜が入っていると、全く食べてくれない。

こんなに野菜の好き嫌いがあるのはうちだけなのではないかと気にしているママも多いかもしれませんが、野菜嫌いの子は意外と多いようです。
「あなたのお子様は嫌いな野菜はありますか?」という質問を行ったところ、母親の55.2%が「現在野菜嫌いがある」と回答した。また11.4%は「過去にあったが克服した」と回答し、子どもの約7割(66.6%)が現在もしくは過去に一度は野菜嫌いだったことがあるという事実が明らかになった。
ル・クルーゼ ジャポン株式会社が、全国の1歳~10歳までの子供がいる既婚女性を対象に「子どもの野菜嫌いに関する実態調査」を実施したところ、子供の約7割が野菜嫌いであるということが明らかになりました。

なぜ野菜を食べてくれないの?

子供の味覚は大人の3倍以上!

 (83152)

まず子供がなぜ野菜を食べてくれないのかを考えてみましょう。
ママとしては、子供の健康を考えると子供に野菜を食べてもらいたいと思うものです。

しかし、子供の野菜嫌いは、本能として仕方のないことなのです。

実は、子供の味覚は大人の3倍以上も優れていると言われており、口で毒性がないかを確かめているんです。
そのため、大人と比べて野菜の味に慣れていない子供は、野菜に少しでも苦味や酸味があったりすると、「これは身体に良くないもの」と本能的に判断し、口からベッと出してしまうのです。

小さな子供ほど自分の体を守るために、本能的に「美味しくないものは食べてはいけない」「嫌いなものだ」と誤った判断をしてしまうのです。

親の好き嫌いが影響している場合も…

 (83153)

親の野菜嫌いが影響で、子供も野菜が嫌いになることも少なくはありません。

野菜嫌いなママが作った料理には、野菜は多く入っていないですよね。
そのような食卓で子供の好き嫌いに影響が出るということは、想像がつきます。

一回野菜嫌いになってしまうと克服するのは至難の業です。

一般的に野菜嫌いを引き起こす原因は、離乳食が終わって通常食を食べ始める頃の対処や、幼少期にあった野菜の嫌な思い出が野菜嫌いを引き起こすと言われています。

野菜嫌いのままだと栄養の方よりも心配なので、早めに克服したいものです。
子供の野菜嫌いの克服には、親の食生活もしっかり見直す必要があります。

子供に野菜を食べさせるコツとは!?

 (83144)

子供の野菜を食べてもらうには、3つのコツがあります。

・楽しく食べる
・野菜を食べられたらたくさん褒める
・子供が美味しいと感じる野菜を食べさせる

これらは全て当たり前のことですが、意外と出来ていなかったりするんですよね。
毎日の食事の時間に、これらの3つのコツを取り入れて、少しでも野菜への苦手意識が減るよう努めてみましょう。

次に3つのコツについて詳しくご紹介していきます。
40 件