帽子で春のUV対策を完璧に!帽子選び3つのコツとおすすめレディース帽子

春に向けて紫外線が気になり始める季節。日差しが柔らかく油断しがちな春こそ対策が必須です。簡単手軽にUV対策ができるアイテムのひとつが帽子です。UV対策のための帽子選びのコツを3つとおすすめのレディース帽子をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/20 公開 | 380 view

帽子で春のUV対策を完璧に!帽子選び3つのコツとおすすめレディース帽子

UV対策は油断しがちな春こそはじめどき!

春から始めるUVケア | ロート製薬: 商品情報サイト (35933)

紫外線が1年中降りそそいでいるということをご存知の方は多いかもしれませんが、紫外線のピークが真夏にあると思っている方も少なくないのではないでしょうか。
画像はロート製薬の紫外線量についてのグラフです。これを見ると、ピークが5月にあることがわかります。春先の3月ごろから急に量が増え始め、5月にピークを迎えています。真夏で日差しのキツイ7月8月よりも5月の方が紫外線量が多いというのはびっくりですよね。

春先3月から5月のころは、まだ日差しはやわらかで気持ちがいい季節ですが、これだけの紫外線が降りそそいでいるとなるとなんとか対策をしないとという気になりますよね。

紫外線はお肌にとっては敵です。忙しいママには自分にかける時間も少なく、UV対策も怠ってしまいがちですよね。できるだけ手軽に対策ができる方法を考えましょう。

帽子でUV対策、顔まわりは帽子で決まり!

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (36135)

小さいお子さんのいるママは本当に忙しいですよね。こどもはママの思った通りには動いてくれないし朝の支度のときに自分に構っていられず、メイクもできずに外出というようなことが起こることも多いかもしれません。
メイクもUVケアもできずに日差しのもとに出てしまうのはよくないですよね。紫外線はお肌にとっていいことはありませんし、トラブルのもとになります。

トラブルを最小限にするため、役に立ってくれるのが【帽子】です。帽子は、日差しを遮るとともに、顔まわりへのUV対策の役割も果たしてくれます。
自分へのケアが後回しになりがちなママの強い味方になってくれるのが【帽子】といえます。
ちょっとそこまでだからと、すっぴんのまま外に出てしまうなら帽子をかぶりましょう。

帽子でUV対策するためのかしこい帽子選びのコツ

[フリー写真] 帽子を被る女性のポートレイトでアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (36137)

帽子も種類はいろいろですよね。ツバのないデザインやキャップのように前にだけツバのあるもの、全体にツバが広いものなどデザインや素材もさまざまです。

おしゃれを目的とした帽子選びならどんな帽子でもいいと思います。しかし、ご紹介しているのはUV対策をするための帽子についてですから、そうもいきません。
『よし!帽子をかぶろう!』と考えたとき、どんな帽子を選ぶかでUV対策ができるかできないかが変わってくるのです。

ではどんな帽子を選べばUV対策ができるのか、帽子の選び方のコツをご紹介します。

帽子でUV対策①ツバの広さ

 (36201)

UV対策のための帽子を選ぶときの基本はツバの広さです。日差しを遮ることができるツバの広さは広いほうがよさそうだと想像がつくかもしれませんね。
【7cm以上のツバのもの】を選びましょう。7cm以上のツバがあれば60%以上の紫外線を防げるのだそうです。
7cm以上であれば、10cmあってもUV対策効果は変わらないのだそうなので、7cmというところを意識しておくといいでしょう。

顔まわり全体をカバーできるハットタイプや、深めにかぶって顔まわりをカバーできるキャスケットタイプなど、顔まわり全体をカバーできる方がお肌への影響を抑えるにはいいですね。
いろいろおしゃれなものもあるので、似合う帽子を探してみるといいのではないでしょうか。

帽子でUV対策②色

 (36400)

UV対策をするためと考えたときの帽子選びでは、色も重要です。色が濃いほうがUV対策効果は高いといわれていますし、色が薄いほうがUV対策効果は低いとされています。黒い帽子を選ぶのが一番効果的といえるのではないでしょうか。

黒の紫外線透過率は1.67%といわれていますが、白は19.37%といわれています。約18%の差で黒の方が紫外線を遮ることができるといわれています。

ただし、黒は紫外線など日差しを吸収して熱がこもりやすくなるので、暑い日などは熱中症に注意が必要になってきます。
33 件