もしかして私って育児ノイローゼ?なりやすい人の特徴と対処法を一挙ご紹介! (page 2)

誰もが子育て中は、子育てのストレスを感じ、イライラしたり、必要以上に子供を叱ったりするものです。育児ノイローゼと言っても、それがどこまでの症状を指すのか解らない方も多いと思います。自分で気が付かないだけで実はあなたも、育児ノイローゼなのかもしれません!今回はなりやすい人の特徴と対処法についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/07/25 公開 | 2247 view

もしかして私って育児ノイローゼ?なりやすい人の特徴と対処法を一挙ご紹介!

④周囲からのプレッシャー

Free photo: Woman Face, Divorce, Sadness - Free Image on Pixabay - 2254765 (80910)

「まだ歩けないの?」「まだ喋れないの?」「まだオムツをしているの?」など、子育てのことを周りからあれこれ指摘されることは、ママにとってかなりのプレッシャーになります。

ママが1番不安で、悩んでいるものです。それを周りから言われてしまうと、まるで自分の育て方が悪いのでは?と、もっと不安になってしまいます。自信満々に育児をしている人なんて、そういるものではないので、そんなママの気持ちを汲んで、温かく見守ってあげてもらいたいですね。

⑤育児ノイローゼになりやすい子供の月齢

Free photo: Boy, Drama, Kid, People, Person - Free Image on Pixabay - 2432052 (80911)

ママが、育児ノイローゼにかかりやすいのは、子供が思うようにコントロール出来ない時期に多いとされています。例えば、夜泣きの酷い0歳児や、魔の2歳と言われるイヤイヤ期の時。更には、自我が芽生えて反抗期が始まる3歳〜5歳くらいまでです。

この時期は特に、癇癪を起こして泣き喚く子供を前に、感情を抑えることが出来ず、イライラして怒鳴ったり、一緒になって泣いてしまうママも多いもの。そんな毎日が続くと、自己嫌悪に陥り、またイライラすると言う、負の無限ループにはまってしまうのです。

育児ノイローゼの注意すべき症状とは?

Free photo: Desperate, Sad, Depressed, Cry - Free Image on Pixabay - 2048905 (80912)

もしかして「育児ノイローゼ」かも?そんなふうに感じた方は、是非、下記のような症状がないかチェックして下さい。思いあたる項目が多い場合は、少し子供と離れる時間を作るなど、何らかの対処をしましょう。早めに対処することが肝心ですよ!

◆思考力の低下

育児ノイローゼになると、無気力・脱力の日々が続きます。何もやる気が起きない、何をして良いか分からないと言った状態です。例えば、台所のシンクに洗い物が溜まっている、おもちゃや洋服が部屋中に散乱している、洗濯物がたまっている、使用済みのオムツが転がり、異臭が漂うほど部屋が汚れている…といった具合です。ここまで来ると、さすがにパパが気がつくと思いますが、何もやる気が出ず、ぼーっとすることが多い人は、要注意ですよ!

◆小さなことでもイライラする

育児ノイローゼになると、神経がとても敏感になるので、普段なら気にならい小さな出来事でも、イライラしてしまいます。例えば、お気に入りのアイスが売っていなかった、見たいテレビ番組がないなど、些細な出来事で子供や家族に当たり散らすほどのストレスを感じてしまいます。

また、子供の泣き声に過敏になりますので、イライラして怒鳴って、子供が泣き喚くと、更にイライラして子供を叩いてしまうなど、虐待に繋がるケースもあります。赤ちゃんの泣き声も放置してしまい、サイレントベビーにさせてしまうこともあるそうです。

◆マイナス思考になる

マイナス思考や悲観的になるのも、育児ノイローゼの特徴の1つです。何事も自分が悪いと責めてしまったり、自分ばかりが大変だと思ってしまったりなど様々な症状が現れます。悲観的になっている時に、周りからあれこれと子育てについて口を出されると、余計に自分に自信がなくなり、「もう私はダメな母親なんだ」と思い込んでしまいます。そして、何もないのに、涙が流れて来るようになります。
74 件