これですっきり!リビング収納術&簡単なおもちゃ整理のコツ徹底解説

リビングが子供のおもちゃでゴチャゴチャ・・・ 片づけてもすぐに次のおもちゃが出てきて、いつまでたっても片付かないリビング。 小さなお子さんのいるおうちでは、”あるある”ではないでしょうか? でも、やっぱりすっきりと片付いたリビングでくつろぎたいですよね。 今回は、リビングのおもちゃをすっきりと片づけられるアイテムと、収納のコツをご紹介したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/17 公開 | 696 view

これですっきり!リビング収納術&簡単なおもちゃ整理のコツ徹底解説

おもちゃが片付かない!すぐ散らかる!すっきりさせるには?

Free photo: Child, Tower, Wooden Blocks - Free Image on Pixabay - 1864718 (19895)

リビングに子供のおもちゃが散乱・・・
どうやって片付ければ、すっきりするの?!
全てのママがこの手の悩みを抱えていることと思います。

すっきり片付いて、子供も遊びやすい!
そんな収納術をご紹介します。

リビング収納をすっきり見せる2つのコツ

リビングのおもちゃ収納をすっきりさせるコツは2つあります。
このコツを実践するだけで、だいぶ違います。

大きいおもちゃのカゴは、同じカゴや箱で統一する

大きなカゴや箱に収納する方法は、すでにやっている方も多いと思います。

ですが、カゴの見た目を統一するだけでかなりすっきりした印象になります。
分類ごとカゴの色を変えたりしても、カラフルで部屋の印象もポップになり
お子さんも分けやすくていいかもしれません。

そして、カゴや箱の2~3個使って、ざっくりと種類分けをします。
「乗り物類」「ぬいぐるみ」「おままごとにつかうもの」など3つぐらいに分けてポイポイ入れていくだけです。
中が見えないので中がゴチャゴチャでも気になりません。
お子様と一緒に遊びながら片付けができます。
箱の正面に箱に入れるモノの写真や絵を貼ってあげると、より分かりやすくなります。

重なるラタン長方形バスケット・特大 

3,600
約幅36×奥行26×高さ31cm
無印良品
落ち着いた色味で、リビング収納にはぴったりです。
カラーボックス等にも入る大きさなので、棚ごと買い替える必要もありません。
このカゴだけでも積み重ねができますし、丈夫なのでおもちゃを投げ入れても簡単には壊れません。
子供がひっくり返しても長く使えます!
IKEAのBULLIGシリーズのボックスです。
持ち手がついているので、引き出す時もカンタンです。

細かいものは、100均のアイテムを駆使しよう!

細かいものを大きなかごに入れてしまうと、探すのも一苦労です。
なので、小さいものは別々に片付けましょう。
大きさや形に合わせて袋や箱を変えると、子供も探しやすくなります。
100円均一のアイテムを上手に使うと、お得ですよ!
 (19936)

トミカは、書類ファイルにぴったり収まります。
このまま棚に収納もできますし、遊ぶ時もほしい車をぱっと見つけられるので、余計に散らかることがありません。
増えても書類ケースと買い足すだけでOK!
 (19939)

パズルは、チャック付きの袋に収納!
ピースがこぼれても心配いりません。
大きさも柄もいろいろあります。
3枚100円で購入できます。
30 件

関連する記事