リビングにキッズスペースを作ろう!散らかりも解決!ママもくつろげる空間造り!

子供が小さいご家庭では、子供部屋を作っていない方が多いと思います。リビングで一緒に過ごして遊ぶことが多いうちは、部屋中おもちゃだらけになって散らかり放題なんてことも!また、小さい子供がいると、ママはなかなか安心してのんびり過ごすことが難しいんですよね。ママの目が行き届かないところで危ないことをしていないかと気になって家事も進まなかったり。家の中は意外と心配に溢れていますよね。 そんなときには、リビングの片隅に子供が喜ぶキッズスペースを作ってしまえば、いつでも目が行き届き、ママも安心してリビングでくつろぐことが出来ますよ。更に、キッズスペースはお部屋も片付いて一石二鳥!今回は、子供も大人もリビングで快適に過ごすことが出来るよう、キッズスペースの作り方についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/07/16 公開 | 2505 view

リビングにキッズスペースを作ろう!散らかりも解決!ママもくつろげる空間造り!

リビングに子供のためのキッズスペースは必要?

 (79464)

リビングは子供と過ごすことが多い場所。
そのため、イタズラに困っていたり、おもちゃがなかなか片付かなくて困っている人も多い空間です。

リビングをスッキリさせるには、大人がくつろぐ空間と、子供がおもちゃをひろげて思いっきり遊べる空間とで分ける必要があります。
今までのリビングだと、子供がリビング全体が遊ぶ場所だという認識をしている場合が多いので、あちこち駆け回ってイタズラしたり、散らかしてみたりということになってしまいます。

しかし、このリビングにキッズスペースを作り遊ぶ場所を設けることで、遊んでいい場所はここだと決まっていると子供が理解してくれます。
また、子供に自分専用の空間を与えることで、「ここは自分の場所で自分の物が置いてある」と愛着や責任感を持たせることも出来ます。

リビングの子供のいたずらに悩むママたちの声

 (79468)

子供がいるとイタズラの連続。
そして更に、散らかることは分かっていても、見るたびに溜息が出てしまいそうなおもちゃの散らかり具合。

子供部屋があれば良いのですが、小さい子供の場合は、子供部屋を作ったところでママから離れて遊ぶことは難しいいですし、1人で遊べるようになるのはまだまだ先です。 
漆喰の壁とエコカラットにクレヨンでいたずらがきをされました(´д`|||)どうしたら消すことができますか?子供が目を離したすきに、リビングの壁全てにクレヨンでいたずらがきをしましました。画像は本の一部です。

子供が目を離したすきに、リビングの壁全てにオレンジ色のクレヨンでいたずらがきをしましました。
11ヶ月の子供がいますが、もういたずら真っ盛りです。
ゴミ箱を倒したり、中のものを口に入れようとするのは日常茶飯事…。
リビングにはゴミ箱は置かないようにしたのですが、やはりキッチンにはどうしても置いておきたくて…。
リビングがイタズラされ放題で片付かないのには、きちんと理由があります。
それは、「空間を分けていないから」なんです!

ここはママたち大人の場所、子供の場所だと一目で分かるキッズスペースを作ってあげることで、イタズラや散らかりがグンと減るんですよ。

まずはキッズスペースを作る場所を決めましょう!

 (79469)

キッズスペースを作る場所を決めないことには何も始まりません。
リビングのコーナースペースを上手く利用すれば、狭いお部屋でもキッズスペースが邪魔にならないのでおすすめです。

また、キッズスペースを作る場所は、リビング内のどの位置にいても目が届く場所に作るということが一番大切なポイントとなります。

ママは、ご飯の用意や片付けなどでキッチンに立つ時間が長いため、キッチンからキッズスペースが見えるかどうかをきちんと確認しましょう。

また、リビングはたくさんの家族が集まる部屋、通路となる動線部分には注意が必要です。
リビングの動線部分(よく人が行き来する場所)にキッズスペースを作ると、転んで怪我をする恐れもあります。

これらのことから子供の姿がどこからでも見えるコーナースペースにキッズスペースの場所を決めてみてはどうでしょうか。

キッズスペースの収納場所を作りましょう

43 件