今晩のメニューに牡蠣料理はいかが?栄養満点の牡蠣の食べ方と注意点

冬の美味しい味覚、牡蠣♡牡蠣といえば生牡蠣、蒸し牡蠣、カキフライ、バターソテーなど…牡蠣そのものの素材の味を楽しむメニューが多いですね。身がぷっくりとして貝柱がしっかりの旬の牡蠣は本当に絶品♡「海のミルク」と呼ばれるほどクリーミーで栄養価の高い牡蠣を家族で楽しみたいというママも多いはず。こちらの記事ではそんなママたちの為にお家で出来る通な牡蠣メニューのレシピから、子どもへの食べさせ方まで丸ごとご紹介!この機会に牡蠣メニューのレパートリーを増やしちゃいましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/12/29 公開 | 439 view

今晩のメニューに牡蠣料理はいかが?栄養満点の牡蠣の食べ方と注意点

栄養たっぷりの牡蠣にはこんな効能が!!

牡蠣に含まれる栄養 | 広島産牡蠣100%配合 カキエキスは日本ヒューマントラス (15354)

冬の到来と共にやってくる美味しい旬の牡蠣♡「海のミルク」と呼ばれる牡蠣は美味しいだけでなく、沢山の栄養素を含んでいます。中でも特に注目して頂きたいのが亜鉛、鉄分、タウリンです。その栄養素を摂ると身体にどんな良いことがあるのか、まずはその効能を見ていきましょう!

亜鉛

牡蛎は成長している間、海水を沢山吸い込み、海中から取り込んだ栄養素を濃縮して溜め込む性質を持っています。その中で特に注目したい栄養素が亜鉛です。皮膚の代謝を促進するため、美肌効果が期待出来るのは女性にとっても嬉しい栄養素ですよね。肌の弾力性を保つコラーゲンを合成する為にビタミンCが必要になる為、鉄分の摂取と同じくレモンと一緒に摂取するのがオススメです。また男性にとっては性欲や生殖能力の低下も防げる為、サプリとしても話題に上っている栄養素です。そして亜鉛は成長ホルモンの機能維持や、骨の成長にも必要です。 子どもの成長はもちろん、母体・胎児・乳児の成長にも大きく影響する栄養素なので、 妊婦や授乳中のママは特に不足させないようにしたほうがいいでしょう。
このように様々な活躍をする亜鉛は、体の臓器や組織などの働きを維持するために 利用されると共に汗や尿からも排出されます。身体に貯めておくことができないので積極的に摂っていきましょう。

鉄分

牡蛎は鉄分の含有率が多いです。女性に起こりやすい貧血は鉄分の不足によって起こる為、牡蠣を食べて鉄分を補うことで貧血の防止に繋がります。また、生牡蠣や焼き牡蠣の横についているレモンは鉄分の吸収を促進してくれるので、ポン酢などをかけて食べる方もレモンも搾って食べるのがオススメです。更に鉄分には体温を維持する働きもあるので冷え性の解消も期待出来、女性には嬉しい効果が満載です♪

タウリン

タウリンはタンパク質を構成するアミノ酸の一種です。 栄養ドリンクなどにも滋養強壮のための成分として入っている栄養素で、生命活動を維持する機能があります。具体的には脳卒中・高血圧の防止・ストレス解消・中性脂肪の除去・胃の強化などの効能があると言われています。
牡蛎に含まれるタウリンは肝臓内の脂肪を取り除き、外に排出する働きがあります。また、アルコールの分解を早め て肝臓への負担を軽くする働きもあるので、お酒好きな方にはもってこいの食材ですね。

子ども・妊婦は食べても良いの??

Free photo: Delicious, Food, Fresh, Grow - Free Image on Pixabay - 1835848 (15397)

これまで牡蠣の栄養とその効能について説明してきましたが、牡蠣には子どもや妊婦にとっても良い効果を発揮する栄養素がいっぱいです。しかし、牡蠣は「食べたら当たるんじゃないか?」というマイナスなイメージを持たれがちで、食べるのを躊躇する方も多いのが現状です。牡蠣を安心して食べられるよう、ここで子どもや妊婦が気をつけたいポイントをチェックしておきましょう。

子どもが食べる場合

子どもに牡蠣を食べさせるときに1番気をつけてあげたいのはアレルギーです。牡蠣の中にあるトロポミオシンと呼ばれるタンパク質がアレルギーを引き起こす原因だと言われています。蕁麻疹や喉のかゆみ、呼吸困難などの症状が表れます。このアレルギーは他の食材のアレルギーと同じで加熱の有無は関係ありません。牡蠣を安心して食べさせられるよう、子どもに牡蠣を与えるのはアレルギーを起こし難くなる2歳を過ぎてからが良いでしょう。そして最初は牡蠣のエキスが入ったもの(スープやオイスターソースを使ったもの)から始め、症状が出ないようであれば身を食べさせても大丈夫でしょう。
※菌が原因の食中毒は潜伏期間がありすぐに症状は出ませんが、アレルギーの場合は1~2時間ですぐに症状が表れますので判断の目安にしてください。

妊婦が食べる場合

41 件