出産予定日は遅れても大丈夫?40週目以降の過ごし方と陣痛を促すためにすることは? (page 2)

出産予定日を過ぎても、まだ産まれる気配が無いと心配してしまう事ってよくありますよね。周りから「まだ?」なんて言われると、焦ってイライラ!ストレスも溜まってしまいます。そこで今回は、出産予定日超過してしまった時の過ごし方や誘発分娩についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/01/27 公開 | 558 view

出産予定日は遅れても大丈夫?40週目以降の過ごし方と陣痛を促すためにすることは?
予定日を超過し、陣痛が来るのをひたすら待つ妊婦さんは、不安や焦りの気持ちでイライラしがち。しかし、この不安やイライラは、知らず知らずのうちに筋肉を硬直させ、陣痛が来るのを妨げたり、お産の進みを遅くしてしまう原因にもなるのです。

たとえ予定日を過ぎてしまっても、焦りは禁物です。気持ちを落ち着かせ、なるべくリラックスして過ごしましょう。おすすめはアロマの香りでリラックスすることです。最近は、お産をサポートしてくれるアロマなどがあり、特にクラリセージというオイルは、陣痛促進の作用があるそうです。もちろん、自分がリラックスできる香りでもOKですよ。

③家事をしっかり行う

実は妊娠40週を過ぎたあたりからは、あえて運動をしなくても、家事をしっかりと行えば十分な運動になり、陣痛を促すと言われています。体重も増え、お腹も大きいので、ちょっと家事をするのは面倒になってしまいがちですが、床の雑巾がけやお風呂掃除、洗濯などいつもよりしっかりと行うと、家中スッキリし、気持ちもリフレッシュするはずです。

産後は、子育てすることで忙しくなってしまいますので、なかなか掃除が行き届かないこともあります。今のうちに、赤ちゃんと快適に過ごせるお部屋にお掃除しておきましょう。

④軽い運動をする

家事をしっかりと行うだけでも、十分な運動になるのですが、骨盤を開くような運動を心がけることで、お腹の赤ちゃんが下に降りやすくなり、お産につながるというメリットもあるんです。骨盤周りの筋肉を動かすものといえば、ウォーキングやスクワット、踏み台昇降などです。

踏み台昇降は、お部屋の中のちょっとした段差でもOKですし、マンションなどの階段を昇り降りするだけでもOKです。ただし、転倒の危険性がありますので、必ず手すりにつかまりながら行うようにしましょう。ウォーキングは、天気の良い日に、お散歩する程度で十分です。風に当たると気分もリフレッシュされますので、おすすめですよ!

これをすると陣痛が来る?陣痛にまつわるジンクスとは?

Free photo: Question Mark, Why, Problem - Free Image on Pixabay - 2123967 (105470)

科学的根拠はないのですが、妊婦さんの間で「こうすると陣痛が来る!」といったジンクスのようなものがあります。出産が始まらないことでストレスが溜まり、居ても立っても居られないという人は、試してみるのいいかもしれませんね。あくまでも、「ジンクス」ですのでその点はよく理解しておきましょう。

◆オロナミンCを飲む

何故かオロナミンCを飲むと陣痛が来るというジンクスを聞いたことがあります。オロナミンCには、カフェインや糖分が多く含まれていますので、本来ならば妊婦さんには不向きな飲み物のはずです。ただし、ビタミンCはレモン11個分も含まれているそうですので、ビタミン不足が気になる妊婦さんには良いのかもしれません。

先輩ママたちのなかでも、実際にこのジンクスを試した方がいますが、賛否両論。実際に陣痛が来たママもいれば、そうでないママもいました。信じるか信じないかは、皆さん次第ですので、飲みすぎに注意しながらやってみるのも良いでしょう。

◆焼肉やカレーを食べる

陣痛ジンクスの中でも有名なのが「焼肉」と「カレー」を食べること。こちらも医学的な根拠は一切ありません。むしろ、高カロリーな食べ物なので、体重管理をしっかりと行っている妊婦さんには不向きかもしれませんよね。実際に焼肉やカレーを食べて陣痛が来たという妊婦さんもいれば、そうでない妊婦さんもいますので、陣痛が来て欲しいからという理由だけで、カレーや焼肉ばかりを食べるのはやめましょう。

このジンクスが生まれたのは、「産後はなかなか焼肉に行けない」「カレーの香辛料は子宮に刺激がありそう」といったイメージからだと言われています。どちらも美味しい食べ物ですが、試す際は、くれぐれも体調を崩さないようお気を付けください。

◆新月・満月・満潮の時期

こちらも有名なジンクスですよね。月は、ほぼ29日周期で満ち欠けを繰り返しているのですが、これと同じような周期を繰り返すのが「生理」。新月や満月の時には出産が増えるなんていう話はよく聞きます。生理周期と月の満ち欠けの関連性は、医学的根拠はありませんが、実際に産婦人科や助産院などでは、「新月や満月にお産が重なりやすい」と言われています。

私が実際に、お産で入院中にも、夜間にお産が立て続けに入ったそうで、巡回の助産師さんが激減した日がありました。新生児室はいっぱいになったそうで、「本当にあるんだな~」なんて思ったことがあります。まんざら噂や嘘レベルの話でも無いかもしれませんね。

それでも陣痛が来ない時は?

42 件