赤ちゃん本舗のおしりふきは神アイテム!人気の秘訣とおススメグッズもご紹介☆

赤ちゃん本舗の数あるグッズの中でも『おしりふき』はママたちに大人気!一体どんなところが人気の秘訣なのでしょうか?今回は、そんな赤ちゃん本舗のおしりふきの魅力について徹底的に調査しました☆気になっていた方、まだ使ったことがない方必見です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/09/01 公開 | 35 view

赤ちゃん本舗のおしりふきは神アイテム!人気の秘訣とおススメグッズもご紹介☆

みんな持っている『赤ちゃん本舗のおしりふき』!

 (85492)

ベビーに必要な用品が一度にそろう、ママたちに人気のお店『赤ちゃん本舗』!数あるアイテムの中でも特に人気なのが『おしりふき』なのです。実は私自身、赤ちゃん本舗のおしりふきに魅了された一人で、肌が弱い我が子も随分とお世話になりました。

今回は、私が感じた赤ちゃん本舗のおしりふきの魅力や、調べたことで分かった赤ちゃんにとってのメリットなどもご紹介していきたいと思います☆

おしりふきを選ぶ際に押さえておきたいポイント☆

 (85493)

今や数多くのおしりふきが発売されている中で、何を基準にして選べばよいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?私も一人目の時に随分と悩みました。薄手のものと厚みがあるもの、保湿成分が配合されているものやトイレに流せるもの…

それぞれ特徴はあるのですが、何を重視するかで選び方は変わってきます。まずは、おしりふきを選ぶ際のポイントを私の経験をもとにご紹介していきたいと思います。

コストを抑えたいなら『薄手タイプ』

おしりふきは毎日使うもの。私が第一に求めたのは『安さ』でした。厚手のものだと1枚約3.5円するものもありますが、安いものだと1枚1円前後で買えるものも。100枚入りと考えると350円のもとの100円のものになります。

シートの厚みや配合されている成分などにもよりますが、こんなにも金額に違いが出てしまうんです!特に新生児のうちのうんちは水分が多く、ゆるいのでおしりふきを大量に使うので、なるべくならコストを抑えられたほうがいいですよね。

そこでおススメなのが、『薄手タイプのおしりふき』☆このタイプであれば、標準的な成分配合で1枚約1.5円程度の値段です。薄手なので、うんちやおしっこの量に合わせて使う枚数を調整することもできるので、厚手タイプよりも無駄がありません。

ふき取り力が心配…という方は、ベビーオイルなどを併用すると簡単に落とすことができるので、是非やってみてください。

簡単にふき取りたいなら『厚手タイプ』

薄手タイプで何枚も使うのがもったいない!一気にふき取りたい!という方は『厚手タイプ』がおすすめです☆厚手タイプのメリットは、一度に使う枚数が少なくて済むほかにも、ふき取り力があるので強く擦る必要がありません。

また、薄手タイプでやってしまいがちな「うんちが手についてしまった!」というアクシデントも、厚手タイプなら安心ですね☆おむつ替えに不慣れなパパにはいいかもしれません。

ママたちの中では、おしっこの時や量が少ない時には薄手タイプ、うんちや量が多い時には厚手タイプと、使い分ける方もいるようです☆

デリケートな肌には『自然に近いもの』

おしりふきや手拭きなどによく含まれているものとして「パラベン」というものがあります。これは『パラオキシ安息香酸エステル』という防腐剤のことで、衛生面を守るためとして配合されているものもあります。

もちろん安全性の確認がとれた上で売られていますが、敏感肌の赤ちゃんにはなるべく使いたくないというママも気持ちもわかります。そんな方におススメなのは、『パラベンフリー』のおしりふきです。

防腐剤が配合されていないパラベンフリーのおしりふきなら、デリケートな赤ちゃんの肌にも安心して使っていただけると思います。また、乳液などの保湿成分が配合されているものもあるので、ふき取り後の乾燥が気になる方はいいかもしれません。

ただし、保湿成分が入っているからと言ってどの赤ちゃんにも合うわけではないようです。我が子は乾燥肌だったので、乳液配合のおしりふきを使ったところ肌荒れを起こしてしまいました。我が子には合わなかったようです。この失敗から、色々な成分が配合されていない、自然に近い『水』などが多く配合されているものの方が安心だということを感じました。

赤ちゃんの肌は本当に敏感なので、何が合って何が合わないのかをしっかりと見極めてあげることも大切です。

トイレトレーニング時期には『流せるタイプ』

トイレトレーニングの頃になると、新生児の頃のうんちとは違って固形になってきます。その際に処理したうんちと一緒におしりふきをトイレに流せると、すごく楽です!その場で処理できるのでニオイ問題も気になりません☆

ただ一つ気になる点としては、流せるタイプのものは値段が高いものが多いことです。薄手のタイプに比べて流せるタイプのものは約2.5円と少し高めに…新生児の頃に比べておしりふきを利用する機会が減ったものの、毎日使うとなるとコストも気になるところですね。

赤ちゃん本舗のおしりふき『水99%Super』のここがスゴイ!

36 件