5歳児なのに夜のオムツがとれない!もしかして夜尿症?治療の目安と改善方法6つ

「5歳児なのに夜のオムツがとれない」と悩むママ必見!今回は「夜尿症」について詳しくご紹介します。今や5歳児の約15%が夜尿症に悩まされていると言われていますが、そもそも夜尿症とはどんな症状を指すのでしょうか? おねしょとの違いや夜尿症の原因、治療の目安など詳しくまとめました。 自然治癒するケースも多い夜尿症ですが、出来ることなら早く治したいですよね。自宅で出来る改善方法を参考に、今すぐ出来ることから始めましょう! 「5歳児なのにオムツなんて」と焦ることなく、温かい目で見守ってあげることも大切ですよ♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/01/18 公開 | 73 view

5歳児なのに夜のオムツがとれない!もしかして夜尿症?治療の目安と改善方法6つ

5歳児の夜間オムツ問題に悩むママは多い!

Woman Portrait Girl · Free photo on Pixabay (138248)

昼間のオムツはとれたのに、夜のオムツがなかなかとれないと嘆くママは意外と多いもの。昼間のトイレトレーニングと違い、夜のオムツは練習したからと言っても、なかなか思うように卒業できないのが難しいところです。

幼稚園や保育園の年長さんになるとお泊り保育を実施する園も多いと聞きますので、子供のプライドの為にも、なんとかそれまでには夜のオムツをとりたいものですよね。

「そのうちはずれるはず!」「一生オムツの人なんていないもん!」と思っていても大丈夫なものなのでしょうか?
5歳年中児ですが、就寝時におむつをして寝ています
朝は、ビッグサイズのおむつがパンパンになるほどオシッコをしています

昼間はトイレで出来ています
個人差がある事だとは思いますが、気になってしまいました
こんなモノでしょうか

5歳になっても夜間のオムツがとれない!その原因は?

 (138249)

そもそも、昼間のオムツはとれたのに、何故夜のオムツがなかなか外れないのでしょうか?まずはその原因について考えていきたいと思います。

①膀胱の大きさが未発達

昼間のトイレトレーニングも同じですが、どんなに親が注意を払っていても、膀胱の大きさが発達していないと、尿をたくさん溜めておくことが出来ません。夜間寝ている間の尿を溜めておくことが出来なければ、当然おねしょをしてしまうので、オムツを外すことが難しくなります。

一般的には、5歳児くらいになると昼間の1回分の尿量の1.5~2倍くらいを溜めて置けるようになりますが、夜におしっこが出てしまうという子供の中には、膀胱の大きさが小さいままの子もいるそうです。

②抗利尿ホルモンの分泌不足

脳の中には下垂体という場所があり、そこから様々なホルモンを分泌しているのですが、そのなかの1つに「抗利尿ホルモン」という、おしっこを作るのを抑える働きをするホルモンがあります。

成長と共に、この抗利尿ホルモンが夜間に分泌されるようになっていくと、夜のおしっこの量が減り、おねしょをすることがなくなります。しかし、このホルモンの分泌が不足していると、おしっこの量をコントロールできないため、夜におねしょをしてしまうというわけなのです。

5歳児くらいでは、抗利尿ホルモンの分泌が未発達という子供も多いそうです。

③心理的ストレス

夜のオムツがとれたかな?と思っていたのに、急にまたおねしょの回数が増えた…などという場合は、心理的ストレスが原因の場合もあります。極度にストレスを感じると、自律神経の働きが悪くなり、夜間におしっこをしてしまうことがあります。

もしこれが原因の場合は、おねしょをしたことで「ママに叱られちゃうかも」と、また不安な気持ちになってしまう恐れがあるので、「大丈夫よ」と安心させてあげることが何より大切ですね。

④腎臓や膀胱に異常がある

52 件