毎年、インフルエンザの予防接種はした方がいいの?

毎年冬に大流行するインフルエンザ。病院でもインフルエンザの予防接種を進められますよね?でもなかなかの金額で、迷う方も多いんではないでしょうか。本当に予防接種はした方がいいのか調べてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/03 公開 | 172 view

毎年、インフルエンザの予防接種はした方がいいの?

インフルエンザとは?

Free photo: Thermometer, Temperature, Fever - Free Image on Pixabay - 833085 (16548)

インフルエンザとは、“インフルエンザウイルス”によって引き起こされるウイルス感染症です。
2009年の冬までは、2つのA型インフルエンザ(香港A型とソ連A型)とB型インフルエンザのあわせて3つのインフルエンザが流行していました。これらをまとめて季節性インフルエンザといいます。2009年春からはそれらに加え新型インフルエンザが流行し、世界中に広がりました。季節性インフルエンザは、主に冬場に流行していましたが、新型インフルエンザは夏場にも流行しています。現在は年間通して、インフルエンザを発症します。

インフルエンザの主な症状は?

Free photo: Antibiotics, Asia, Baby - Free Image on Pixabay - 1782433 (16547)

インフルエンザにかかると38℃以上の急な発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠感などの全身症状が強くあらわれ、あわせて鼻水、咳、のどの痛みなどの症状もあります。 
高齢者、妊娠中の方、乳幼児がインフルエンザにかかると、気管支炎、肺炎などを併発し重症化し、最悪の場合は、死に至ることもあります。特に新型インフルエンザの場合はその危険性が増加します。
そのため「インフルエンザかな?」と思われる場合は、早めに医療機関を受診して、適切な治療を受けるようにしましょう。

インフルエンザと風邪の違いは?

Free photo: Allergy, Cold, Disease, Flu, Girl - Free Image on Pixabay - 18656 (16546)

普通のかぜは1年を通してみられますが、インフルエンザは季節性を示し、日本では例年11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます。
かぜの多くは、発症後の経過がゆるやかで、発熱も軽度であり、くしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状が主にみられます。
これに対し、インフルエンザは高熱を伴って急激に発症し、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。関節痛、筋肉痛、頭痛も現れます。また、インフルエンザは、肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎)などを合併して重症化することがあります。

インフルエンザが毎年流行るのはなぜ?

Free illustration: Virus, Microscope, Infection - Free Image on Pixabay - 1812092 (16549)

からだにはウイルスの特徴(抗原)を見分けてそれに合った抗体をつくり、感染を防いだり、回復を早めたりする仕組み(免疫機構)があります。予防接種はこの仕組みを利用したものです。
 しかし、インフルエンザウイルスは、その表面にあるHA、NAという2種類のたんぱく質の突起が、ヒトの免疫機構から生き延びるために毎年マイナーチェンジをして特徴を変えています。毎年流行するのはそのためです。

インフルエンザの予防接種とは?

Free photo: Flu Shot, Needle, Ouch, Medical - Free Image on Pixabay - 1719334 (16550)

現在日本国内で使われているインフルエンザのワクチンは「不活化ワクチン」で、安全性が高いワクチンです。ワクチンの基となるウイルス(ウイルス株)は、毎年WHO(世界保健機関)が発表する推奨株を基に、日本国内の専門家による会議にてその年の流行を予測・検討し、決定されています。
インフルエンザの予防接種料金については病院によって異なります。
多少の上下はありますが、相場としては2000~3000円と言われています。これは1回接種する場合の料金ですので、2回受ける場合には6000~7000円程度かかると考えておくと良いでしょう。13歳以下は2回接種ですので、一人7000円かかるということになります。うちは子供三人なので、21000円かかります。
35 件

関連する記事