桜と子供の写真を上手に撮る8つのコツ♡スマホでも簡単!カメラに詳しくなくても大丈夫♪

春は子供の入園や入学など、ちゃんと写真に残しておきたい大切な行事がたくさんありますよね。春を代表する桜と子供を一緒に撮影すれば、さらに思い出に残る一枚となります。でも、なかなか納得のいく一枚を撮るのって難しいですよね。 そこで、こちらの記事では ◎おすすめの撮影時間 ◎桜と子供を上手に撮るアングル ◎簡単に上手に見える撮り方 などをご紹介いたします。上手に撮れた写真はフォトブックにして残したり、SNSにアップしたい!と考えている方も多いのではないでしょうか。桜を撮るのは一年に一度だけのチャンスなので、ぜひとびきりの素敵な写真にしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/02/18 公開 | 154 view

桜と子供の写真を上手に撮る8つのコツ♡スマホでも簡単!カメラに詳しくなくても大丈夫♪

桜と子供の写真を上手に撮る8つのコツ♡はじめに

Cherry Blossoms Landscape Spring · Free photo on Pixabay (141014)

♦︎桜の写真は難しい!簡単に上手に撮れるの?

桜と子供を上手に撮りたくて、カメラの設定を色々と触ってみたけど良く分からない・・・なんて方もいるのではないでしょうか。桜は天候、時間、咲く時期などによっても映り方が左右されるので、設定だけだとうまくいかない場合もあります。

そこで、難しいカメラ設定よりも、身近なスマホでも簡単に上手に撮れる方法をご紹介いたします!時間やアングルなど、ちょっとのコツで上手に撮れますよ♪
♦︎目次♦︎
桜と子供の写真を上手に撮るコツ
①時間は午前中がおすすめ!
②低い位置まで枝があるか探す
③ローアングルで撮ってみる
④花びらだけでも絵になる
⑤思い切り引きで大胆に!
⑥"まなざし"を意識して
⑦桜の枝でフレームを作る
⑧服装選びにも注意して

桜と子供の写真を上手に撮るコツ①時間は午前中がおすすめ!

Spring Plant Cherry Blossoms · Free photo on Pixabay (141022)

撮影をするなら、まずは午前中が圧倒的におすすめです。

●おすすめの理由
・日差しが柔らかい
・影ができにくい
・子供がぐずらず我慢できる


などが挙げられます。子供とおでかけをするなら、午前中からパッと動いた方が後が楽ですよね。また、お昼間になると太陽の光が強すぎて写真に明暗差(コントラスト)ができてしまい、顔が真っ白になりやすくなります。午前中は太陽の位置が低いので、日差しが柔らかく子供の顔も綺麗に撮れやすいですよ。

桜と子供の写真を上手に撮るコツ②低い位置まで枝があるか探す

 (141021)

撮る場所に迷ったら、低い位置まで枝が伸びている場所を探しましょう。

●おすすめの理由
・桜と子供の位置が近い
・アップでも撮れる
・自然な表情が撮れやすい


桜と一緒に子供を映したくても、高い木ばかりの場所だと、かなり引きで撮らないと難しいですよね。引きで撮ると、他のお花見中の人が入ってしまったり思うような写真が撮れにくくなります。枝が下の方まで伸びていると、桜と子供の距離が近いのでアップでも撮れますし、自然な表情を逃さず撮ることができます。

桜と子供の写真を上手に撮るコツ③ローアングルで撮ってみる

 (141019)

桜と子供を一緒に撮る場合、アングル(角度)も重要です。迷ったらぜひローアングルで撮ってみましょう!

●おすすめの理由
・桜が背景になる
・子供が大きく見える
・ジャンプなど動きが出せる

動きのある写真ってそれだけで素敵に見えますよね。ローアングルで撮ると、大きな桜を背景にすることができるので、よりダイナミックに見えます。また、子供が大きく見えるので成長も感じられるのではないでしょうか。ジャンプなど、動きをつけるとさらに良いですね♪

桜と子供の写真を上手に撮るコツ④花びらだけでも絵になる

 (141018)

35 件