効率的にお金を増やすなら投資にトライ!【第2弾】投資信託の始め方と銘柄の選び方

今あるお金を増やすために投資を始めてみたいけれど、どうしたらいいのかわからない方はいませんか?投資は損をするから、手を出してはいけないと思われている方もいるかも入れません。しかし投資は、上手に付き合えばお金を増やす手助けをしてくれますよ。様々な理由で投資を始められない方のために、初心者でも比較的トライしやすい投資信託の始め方をご紹介したいと思います。お金を増やすヒントを見つけてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/07/05 公開 | 269 view

効率的にお金を増やすなら投資にトライ!【第2弾】投資信託の始め方と銘柄の選び方

お金を増やす近道は投資

Free photo: Coins, Currency, Investment - Free Image on Pixabay - 1523383 (75330)

マイナス金利政策が導入されている今、預貯金や貯蓄型の保険では、効率的にお金を増やすことができません。そんな今だからこそ、始めたいのが「投資」。投資なら年率5%での運用も夢ではないと知っていますか?選ぶ商品によっては、もっと多くのリターンも期待できます。

投資は怖いというイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、無理をしなければ、大幅に資産が減ることは避けることができますよ。それを知っている人は、すでに投資を始めています。

世界的に経済は、上がったり下がったりを繰り返しながら、緩やかに上昇しています。もちろん、今後も期待できることです。投資は時間を味方につけ、経済の緩やかな上昇を利用して資産を増やしていく方法です。

時間は刻一刻と過ぎ去っていきます。始めてみると、何でもっと早く始めなかったんだろうと、後悔するかもしれませんよ。

初心者がお金を増やすのにおすすめな投資は投資信託

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (75321)

投資未経験の方は、投資と言えば、株などを思い浮かべるかもしれません。しかし、株は、投資初心者には難易度が高いです。国債という方法もありますが、もう少しリターンが欲しいなら、投資信託がおすすめです。

おすすめの理由は、ある程度リスクをコントロールできる投資だから。投資信託の中には、安全性の低い商品もありますが、きちんと購入する銘柄を選べば、リスクを最小限にすることができます。

今回は投資信託をおすすめしていますが、ほかにどんな投資法があるのか知りたい方は、こちらの初心者のための入門マニュアルをご覧ください。投資に回すお金をどうやって捻出するかもご紹介していますよ。

投資信託でお金を増やす仕組み

Free illustration: Entrepreneur, Idea, Competence - Free Image on Pixabay - 1340649 (75322)

初心者になぜ投資信託がおすすめかというと、難しいことはお金のプロがすべて行ってくれるので、比較的トライしやすい商品だからです。購入者は、購入する商品を選んで、後は運用するだけ。頻繁に値動きを気にする必要もありません。

投資信託を購入するとなぜお金が増えるのかというと、ファンドが値上がりすることで得られる利益と、ファンドを持っていることで得られる利益の2つを得ることができるからです。値上がりすることで得られる利益は、ファンドが値上がりしないと得られません。それどころか、値下がりすることもあり、そうなれば資産は減少してしまいます。

多くの方がこの、値下がりのリスクを心配していることでしょう。しかし、きちんと仕組みを知って、リスクコントロールをしておけば、資産が減少するリスクを最小限に、少しずつお金を増やしていくことができますよ。

投資信託の種類

「投資信託」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (75333)

投資信託の種類は、大きく分けるとインデックスファンドとアクティブファンドの2つがあります。インデックスファンドとは、日経平均やTOPIXといった、市場平均と連動するように設定されたファンドのこと。インデックスファンドは、コストがかからないことが特徴です。

アクティブファンドとは、市場平均よりたくさん利益を出そうと頑張っているファンドのこと。しかし、積極的な運用をしますので、インデックスファンドよりコストがかかります。

また、積極的な運用をしていても、インデックスファンドよりも成績が悪いファンドがあるのも事実です。アクティブファンドを選ぶなら、しっかりと選ぶ必要がありますので、初心者にはインデックスファンドよりも難しいと言えるでしょう。

投資信託は、長期保有が基本です。コストは大事なポイントですので、ファンドを選ぶ際は念頭に入れておいてくださいね。

投資信託の始め方

口座を開いてお金を入金する

35 件