”蜜蝋ラップ”でおしゃれに脱プラ生活~繰り返し使えるエコラップ!簡単手作りにも挑戦~

レジ袋が有料化されたことから、”脱プラスチック”が注目されていますね。しかし、まだまだ生活の中には脱プラできていないものが多いのをご存じですか。中でもレジ袋と並んで日常的に使っているのが食品用ラップ。食材を包むなど、様々な用途で使いますが、使用後はゴミに…。そのラップの代わりになると言われているのが、”蜜蝋ラップ”です。洗えば繰り返し使える上に、デザインはおしゃれ。今回はそんな蜜蝋ラップの魅力をご紹介します。簡単に手作りもできるので、私も挑戦してみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2020/07/15 公開 | 212 view

”蜜蝋ラップ”でおしゃれに脱プラ生活~繰り返し使えるエコラップ!簡単手作りにも挑戦~

蜜蝋ラップってどんなもの?

 (182285)

食品用のラップと聞けば、透明なラップを思い浮かべる人が多いですよね。このラップはプラスチック製で、ポリ塩化ビニリデン、ポリエチレン、ポリ塩化ビニルなどが原料です。その上、添加物も含まれていることをご存じでしょうか。

安くて使いやすいものではありますが、一度使うとゴミに。最近は以前よりも、燃やしてもダイオキシンが発生しにくい原料で作られるようになったとはいえ、ゴミが多くなってしまうのは考えものですよね。

それに対し、ミツバチが作る天然の蝋である蜜蝋を布にたっぷりと含ませた蜜蝋ラップ。蜜蝋は熱で溶けるので、私たちの手の熱で簡単にお皿の形になじみ、包み込めます。

一般的な食品用ラップに比べ、蜜蝋ラップにはどのような魅力があるのでしょうか。

蜜蝋ラップの魅力1.繰り返し使えてエコ

普通の食品用のラップは基本的には1回使ったら捨てますよね。いわゆる、使い捨てのラップです。

それに対し、蜜蝋ラップは使い捨てではありません。洗えば繰り返し使えます

蜜蝋ラップの魅力2.天然の材料だけで作る地球にやさしいラップ

蜜蝋ラップの魅力の2つ目は、天然素材だけで作られていること。地球にもやさしいですし、添加物は無添加なので、私たちの健康にもやさしいんです。
ikumama (182283)

私も1ヶ月前に蜜蝋ラップデビューをしました。こちらの蜜蝋ラップは実際に私が使っているものですが、原材料は、

・蜜蝋
・コットン
・天然樹脂
・マヌカオイル
・ホホバオイル

の天然の材料のみ。

繰り返し使えますが、もし廃棄する場合も、天然素材だけで作られているので、有害物質を排出することなく自然に還りますよ。
via ikumama

蜜蝋ラップの魅力3.保温性と抗菌性にすぐれている

ミツバチが作った自然の蝋でコーティングされた蜜蝋ラップは、蜜蝋ならではの保温性と抗菌性が特徴。食品の鮮度を守り、蜜蝋に含まれる抗菌作用で衛生面も安心。

プラス、一般的な食品用ラップよりも、適度な通気性も蜜蝋ラップの魅力。自然に近い状態で、食材を包んでくれます。

蜜蝋ラップの魅力4.なんといってもおしゃれでかわいい!

 (182320)

蜜蝋ラップはなによりおしゃれでかわいいという点も魅力の1つ。コットン素材の布に蜜蝋を染み込ませており、その布のデザインは好みで選べます。

かわいらしくおしゃれな柄だと、使うのが楽しくなりそうですよね!

蜜蝋ラップの使い方はバリエーション豊富!

具体的に蜜蝋ラップはどのように使えるのでしょうか。その使い方のバリエーションはたくさんあるようですよ。

蜜蝋ラップの使い方#1.保存容器や皿を蓋する

74 件