どうしたら良い?子作りの方法を改めて確認して妊活を進めよう!

子作りはどうしたら良い?と改めて考えてみると少し考えさせられる事がありますよね。今回は妊娠の確率をあげるためにも子作りに関してご紹介したいと思います。 やみくもに仲良しをするよりもタイミング法を行って妊活をどんどんと進めてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/10 公開 | 803 view

どうしたら良い?子作りの方法を改めて確認して妊活を進めよう!

子作りと改めて聞かれると・・・

子作りと改めて聞かれた時にはどう?

子作りと改めて聞かれた時にはどう?

子作りはどうしていますか?
と改めて聞かれるとどうしても答えが出ない時がありますよね。旦那が子作りに協力してくれないだとか、中々妊娠しなくてとか様々な悩みが出てきてしまいますよね。

子作りの方法は人それぞれあると思いますが、どうやったら妊娠の確率を上げられるのかについて今一度一緒に確認していきましょう。

子作りは気にしすぎるのも駄目

子作りは気にしすぎたらだめ?

子作りは気にしすぎたらだめ?

子作りを意識してしまうとどうしても相手に精神的負担をかけてしまう事が多いですよね。
子作りの意外な盲点としては気にしすぎるのも良くないという事です。妊娠を意識してしまうと基礎体温や排卵検査薬といったものや期間を調べてしまったりと色々とします。

しかし、本来楽しい・嬉しいはずの夫婦の時間を【子作りの行為】として義務的になってしまい嫌な思いをするケースも少なくありません。
無意識のうちにこのような事をしている場合に、旦那が子作りに協力してくれないという状況が出来上がってしまうのです。
女性の身体は機械ではありませんので、必ずしも排卵予定日に排卵するとは限りません。月に一度の排卵予定日を目掛けてタイミングをとるよりも、日頃から定期的にタイミングをとった方が、子どもを授かる可能性は高くなります。
仕事の都合や体力面からなかなかタイミングが難しいケースも多くありますよね。
直接的にタイミングを伝えるのではなく、ひた隠しにしたうえで自然な流れのタイミングをつかめるように上手く誘導する技術も必要なのかもしれませんね。
男性でも、女性でも義務化してしまったものに良いイメージはないとおもうのでこのあたりはしっかりと意識しましょう。

妊娠適齢期はいつごろ?

妊娠適齢期っていつなの?

妊娠適齢期っていつなの?

一般的な女性の場合は妊娠出来るのが約43歳程度までと言われています。
では、もっとも妊娠力が高い「妊娠適齢期」というのはいつなのか知っていますか?

女性のホルモンバランスが安定していて、心身や卵巣機能な、卵細胞が元気である25~35歳前後とされています。

妊娠適齢期で、健康的なカップルがタイミングを合わせたとしても妊娠成功確率は20代前半で約30%程度とされています。妊娠を希望する場合にはそれだけの努力が必要という事ですね。

妊娠しやすい身体とは?

妊娠しやすい身体ってどんな体?

妊娠しやすい身体ってどんな体?

妊娠を希望した際には女性の年齢、健康が重視されるような事がありますね。
しかし、女性と同じように男性の健康や精神状態もとても重要な項目になります。男性の場合には仕事のストレスや食生活の乱れなど様々な要因によって精子の質や運動量が減ります。

女性にとっても、男声にとっても妊娠しやすい身体とはと聞かれると
◆年齢
◆健康
◆精神
これらがしっかりと揃っている状態と言えますね。
妊娠を願う時、女性の身体の事と同時に、男性の健康についても大事に考えてほしいと思います。
36 件

関連する記事