楽ちん!食べるだけで痩せるキャベツダイエットの成功方法と効果をご紹介

「キャベツダイエット」色々なダイエット方法がある中で一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? 本当にキャベツを食べることでやせることができるのか? どうしたら成功するのかとその効果を徹底解説!! 今日からでもスタートできるキャベツダイエットについて詳しくご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/05 公開 | 238 view

楽ちん!食べるだけで痩せるキャベツダイエットの成功方法と効果をご紹介

そもそもキャベツダイエットとはどんなものなのでしょうか?

 (15836)

テレビやネットでも有名なダイエット方法の一つでもあるキャベツダイエット。
そもそもキャベツダイエットとはどんなものでしょうか?

キャベツダイエットとは、キャベツを食べることで痩せるというものです。
しかし、焼いたり煮たり加熱調理してしまったキャベツでは意味がありません。
生のキャベツを食べることが大切なのです。
なぜ生のキャベツじゃないと意味がないのでしょうか?

キャベツは、少し固くて繊維質です。
なのでよく噛まなければいけません。
よく噛むことによって満腹中枢が刺激され食欲の抑制をすることができます。
そしてダイエットに必要なビタミンを補給し、総摂取カロリーを減らすことができます。
脂肪燃焼しやすい体を作ることもできてダイエットへつながるのです。

キャベツに含まれる栄養成分について

 (15874)

豊富に含まれているビタミンC、K

キャベツには、風邪の予防や疲労回復や肌荒れなどに効果のあるビタミンCや、血液の凝固促進や骨の形成に貢献しているビタミンKが豊富に含まれています。
ビタミンKは、骨粗しょう症の予防にも効果があります。
もしもビタミンKが不足すると骨に十分なカルシウムが取り込めなくなって骨がもろくなります。
貧血や大腸炎などもおこしやすくなり、赤ちゃんの脳内出血を防ぐ作用も認められているので妊婦や授乳期の母親にとって十分にとってほしい栄養素にもなっています。

ビタミンU

ビタミンUは、胃腸の粘膜を修復する必要なたんぱく質の合成を促進するので新陳代謝を活性化して胃や十二指腸の潰瘍を修復もしてくれてその発生を抑制する働きがあります。
ビタミンUは、キャベツから発見されたとも言われていて別名で「キャベジン」とも呼ばれています。
胃腸薬としても有名な市販薬「キャベジン」もこの成分の効果により作られたみたいです。
キャベツの栄養・効果を語るのに欠かせないビタミンUには、胃の健康を守るという働きがあります。

キャベツダイエットのやり方

 (16164)

キャベツダイエットのやり方は、キャベツ6分の一個分を食事の前に食べるという簡単な方法です。
キャベツを食べるだけという簡単なことですが、キャベツを細かく切ってしまうのではなく、ざく切りで5センチ角ぐらいの大きさにしましょう。
ざく切りの方が、食べごたえがあって噛む回数が増えます。
噛む回数が増えると満腹中枢が刺激されますので、自然とその後の食事の量を減らすことができます。
早食いをしてしまうと意味がありませんので、しっかりと噛むようにして10分程度かけて食べるようにすることがおすすめです。
そしてキャベツは、何もかけずに食べるかノンオイルドレッシングで召し上がるのがおすすめです。
生のキャベツが苦手な人は、ゆでキャベツや温キャベツでも良いと思います。
ゆでてしまうと食感が変わってあまり噛まずに飲み込んでしまいがちですが、キャベツダイエットは、よく噛むということが大切なのでなるべくしっかりと噛むようにしましょう。

ダイエット以外にも効果があるの?

 (16173)

キャベツダイエットは、ただ痩せるということだけではありません。
キャベツを食べることキャベツに含まれている栄養素のおかげでガン予防することができたり、食物繊維も多く含まれているのでお通じを良くすることにもつながるのです。
生のキャベツを食べることで腸内環境が改善し便秘にもなりにくい体を作ることができます。
また腸内環境が良くなることで肌が綺麗になります。
美容にも効果があるので女性には、痩せれて美肌効果もあるので一石二鳥のダイエット方法だと思います。
42 件

この記事を書いたキュレーター