持ってて良かった!人気の授乳クッション8選!抱き枕や寝かしつけがそのままできるアイテムも

授乳クッションって持っていた方がいいの?出産前は疑問に思う方もいるかもしれません。筆者の体験としては、持っていて良かったと感じています。短いようで長い授乳期間。最初は赤ちゃんもママも初めてで、なかなかスムーズに授乳ができないことも。そんな時に授乳クッションがあれば、スムーズに、そして楽にすることができます。そこで今回は、人気の授乳クッションと選び方について解説していきます。定番のタイプから機能特化型まで、ぴったりの授乳クッションを見つけてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/12/02 公開 | 37 view

持ってて良かった!人気の授乳クッション8選!抱き枕や寝かしつけがそのままできるアイテムも

【体験談】授乳クッションは必要?

 (168001)

出産前は授乳クッションがなくても大丈夫なのでは?と思う方もいるかもしれません。筆者もその一人でした。出産して、いざ産院で授乳しようと思っても、なかなか上手にすることができませんでした。そこで使ったのが授乳クッション。産後すぐにネットで購入し、授乳中に欠かせないアイテムとなりました。

授乳クッションは新生児の頃や月齢が小さい時ほど便利です。なので今買おうか迷っている方はぜひ、早めに検討してみると良いかもしれません。

理由としては、赤ちゃんが小さいと授乳する際の姿勢が固定できないため、腕で抱っこした状態で行うことになります。ずっと抱っこのままだと次第に腕も疲れてきてしまい、しっかりと固定ができていないため不安定になってしまいます。

そこで授乳クッションを使うと、赤ちゃんを同じ姿勢でしっかりキープすることができ、とても楽に授乳をすることができます。筆者の場合ですが、産後すぐから生後6ヶ月くらいまで授乳クッションとして使って、そのあとは抱き枕やクッション代わりとして今も長く使っています。

授乳クッションの種類と選び方について

 (168004)

それでは授乳クッションの種類と選び方についてみていきましょう。

◎授乳クッションの種類

授乳クッションには大きく分けて、このような種類があります。

・U字型
名前の通りU字型になっていて、よく見かける一般的な授乳クッションです。産院で見かける方も多いかもしれません。授乳期間が終わっても、枕代わりや背もたれクッションとしても使うことができます。カバーの取り外しができる物が多く、手入れも比較的楽にできます。

・抱き枕型
妊娠中に寝る体勢が辛い時にも便利な抱き枕型。妊娠中に授乳クッションを買うなら、引き続き使うことができるので経済的ですよね。サイズが大きいので、赤ちゃんが少し大きくなっても支えてくれるのに役立ちます。ただ、場所をとるので最初によく考えてから選びましょう。

・Cカーブ型
最近人気なのがこのCカーブ型と呼ばれるタイプです。赤ちゃんが自然な姿勢=Cカーブをキープできるので、授乳してすぐに寝かしつけに移行しやすい点がポイントです。

・機能特化型
汎用性のある授乳クッションというよりも、ある機能に特化したタイプもあります。授乳での悩みを解決してくれるかもしれません。

◎授乳クッションの選び方

授乳クッションは授乳中の赤ちゃんの姿勢をちゃんとキープできるかどうか、という点がポイントです。ママの胸の高さに赤ちゃんが届くように、ある程度のボリュームが必要です。そして、赤ちゃんが授乳クッションに沈み込むことのないように、中身が詰まった硬めの物が便利です。

人気の授乳クッション#1.U字型ならお手入れ楽チン!

◎助産師さんとママの声から生まれた授乳クッション

こちらの授乳クッションを産院で借りて使った!という方は多いかもしれません。特殊な中綿を使用していて、へたりにくいと評判です。上質なパイル生地なので、赤ちゃんに優しい肌触りも嬉しいですね。クッションもカバーも丸洗いができるので、清潔な状態を保つことができますよ。

◎サポートクッションがついた3WAY

43 件