幼児の早期英語教育のメリット・デメリットとは?後悔しない!英会話教室の選び方3つ

年々、社会においての英語の重要性と言うのは高まってきていますよね。現在は小学校だけでなく、幼児教育の現場でも英語を取り入れているところも増えているようです。そこで今回は、早期英語教育のメリット・デメリットについてご紹介します。 幼児期に英語を学ばせると脳にどんな影響を与えるのか?日本語を覚えなくなるのでは?と言った素朴な疑問も解消しますよ♪また、幼児向けの英会話教室を選ぶ際の注意点についてもまとめました。春から習い事をスタートしてみようかなと考えているママさんは必見です! 幼児の英語教育は、楽しく遊びながら学べることが基本。英語を好きになるキッカケづくりになればイイですね♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/01/17 公開 | 343 view

幼児の早期英語教育のメリット・デメリットとは?後悔しない!英会話教室の選び方3つ

幼児の英語教育は年々増加傾向に…小学校でも義務化!

Girl White Fun · Free photo on Pixabay (138431)

2018年4月より小学校での英語教育が義務化となりました。これまでの「外国語活動」という、英語を楽しむ・親しむという目的での授業から内容もより実践的なものに近づいたと言われています。

また、対象も高学年から小学3、4年生からへと変化。地域によっては、小1から始まるところもあるそうで、ますます英語教育への熱が高まっていると言えます。

このような動きに合わせ、幼稚園や保育園でも英語教育を取り入れる施設が増加!
「小さいころから英語教育をさせた方が良い」という風潮が強くなり、習い事に「英会話」を選択する家庭も増えています。

幼児の早期英語教育には賛否あり?

Free photo: Study, School Learn, Education - Free Image on Pixabay - 1968077 (23002)

現在、幼児の人気習い事ランキングで水泳の次にランクインしているのが「英会話」。それほど非常に注目度の高い分野と言えます。

特に英会話は、「早期教育」と言って0歳児から通えるスクールも多くあり、歌やダンス、ゲームなどを通して、楽しみながら英語を学べる施設も充実しています。

しかしその一方で、英語教育の低年齢化には賛否あり、早期教育におけるメリット・デメリットがあると言われています。まずは、これらのメリット・デメリットを踏まえながら、自分の子が何歳から英語教育を始めたほうが良いのかを見極めて行く事が大切です。

幼児の早期英語教育におけるメリットは?

Pads Letters Education · Free photo on Pixabay (138402)

早くから英語教育を始めた方が良いメリットとはどんなものがあるのでしょうか?
幼児期ならではの特徴が沢山あります!早速見ていきましょう。

①英語に抵抗がなくなる

ママやパパが子供の頃、今の子たちに比べて英語に触れる機会はさほど多くはなかったですよね。
中学生になり初めて「勉強」という形で出会った人も多かったと思います。

「勉強」として英語に出会ってしまうと、文法やら単語の暗記などのイメージが強い為、英語学習=「退屈なもの」「分からないもの」といった苦手意識が先行してしまいがち。その為、ママやパパのなかには未だに英語嫌いな人も多いのではないでしょうか。

しかし、物心ついた時から、音楽や遊びを通して英語に触れることで、自然と英語を身に付ける事ができます。子供の頃は、言葉の意味と言うより、英語の音やリズムとして捉える為、大人の人より抵抗が少ないんです。

②吸収の早い幼児期だからこそ!

子供の成長を日々見てきたママならばよくわかると思いますが、子供はまるでスポンジの様に見たもの、聴いたものをどんどん吸収して行きますよね。

大人に比べ羞恥心も少ない為、間違っていようとも御構い無し。聴いた音をそのままマネしてくれるのも幼児ならではです。

頭で深く考えるより、英語を「体感」出来るのが幼児期の子供の最大のメリットですね!

③興味の幅が広がる

50 件