【幼児教育】体操教室に通わせるメリットは?運動神経はよくなる?内容や教室の選び方を大調査

スポーツの幼児教育として、スイミングと並んで人気の高い体操教室。幼児期は運動能力の基礎を作るゴールデンエイジと言われています。我が子の運動神経を良くさせたい、体力をつけさせたいなどと思うママにとって、体操教室は気になる習い事ではないでしょうか。通わせてみたいなと思いつつも、どんな点に気を付けて選べばいいのか、また、内容に費用やメリットなど気になることたくさんありますよね。幼児教育としての体操教室について、気になる情報をまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/05/24 公開 | 62 view

【幼児教育】体操教室に通わせるメリットは?運動神経はよくなる?内容や教室の選び方を大調査

スポーツの幼児教育!体操教室の内容は?

 (151846)

体操教室と聞くと、どんなことをするのか想像できるでしょうか。教室にもよりますが、幼児向けの体操教室では次のようなことをする場合が多いようです。

・リズムに合わせた体操
・マット運動
・なわとび
・鉄棒
・跳び箱
・トランポリン
・平均台
・ボール遊び
・簡単なチーム戦

など

本格的に体操選手を育てるという目的の教室もありますが、幼児教育の一環として、遊びの延長のように取り組める教室も増えているようです。また、小学校・幼稚園受験などでも運動のテストが行われることがあるようで、受験対策としても体操教室は人気を集めています。

体操教室に通わせるメリットは?

Running Sprint Athlete - Free photo on Pixabay (151807)

体操教室に通わせるメリットはどのようなものがあるでしょうか。

1.基礎体力がつく

家庭や社会環境の変化から、外で遊ぶ子供が減っているといわれている昨今。子どもの基礎体力の低下が問題になっていることをご存じでしょうか。

もちろんその背景には食生活などの要因も含まれていますが、日頃から体を動かす環境を作ることで、基礎体力もアップさせることができます。基礎体力のアップは健康的な生活にもつながります。風邪などの病気にかかりにくい、免疫力の高い体づくりが期待できます。

2.バランス感覚・柔軟性を養える

 (151844)

バランス感覚や柔軟性を養うこともできます。姿勢が悪い、体がかたいという子どもも増えています。特に幼児期は身体能力の発達のゴールデンエイジといわれています。この時期に体の使い方の感覚を正しく学べば、その後の運動能力に差が出るともいわれていますよ。

ゴールデンエイジとは
子どもの運動能力を含めた身体能力が著しく発達する時期のことをゴールデンエイジといいます。一般的にその時期は5歳から12歳といわれているので、幼児期はそのスタート時期です。幼児期はバランス能力などの神経系の発達が著しい時期。

3.安全な体の使い方を学べる

子どもが体操をするとなると、ケガを心配する方もいるでしょう。しかし、体操教室では安全面にも配慮された教室環境、また指導者の教育がされているところが多いです。指導者もプロなので、ケガにつながる動きには気を付けています。

なかなか家庭では教えられない動きや運動を指導してくれるので、子どもたちは安全に体の使い方を学べるのです。

4.達成感を味わえる

「できた!」ことの達成感を味わえるのも体操教室の魅力です。体操教室では個人個人に目標を決め、それを達成できるように挑戦します。できなかった技や動きをひとつひとつクリアしながら、子どもたちは成功体験を積んでいけます。

他もことでも頑張ればできるからやってみようという挑戦心、できたときに周りから褒められることでの自己肯定感を育てることもできます。
37 件