おすすめのランタン6選でアウトドアをもっとおしゃれに!種類の違いや正しい選び方もご紹介

キャンプなどのウトドアで使うことも多いランタン。真っ暗な中にオレンジ色の光を放つランタンは、見ているだけで幻想的ですよね。でもランタンと一言にいっても種類が多く、初心者向けの物から上級者向けの物まで様々。買ったはいいけれど、うまく使えなかったなんて人もいるかもしれません。そこでランタンの種類や正しい選び方を詳しく紹介。さらにアウトドアにおすすめなランタン6選も発表していきます。知識を高めて、お気に入りのランタンを見つけてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2020/06/18 公開 | 75 view

おすすめのランタン6選でアウトドアをもっとおしゃれに!種類の違いや正しい選び方もご紹介

アウトドアにおすすめなランタンの正しい選び方は?

 (179926)

ランタンと一言に言っても色々なものがあり、せっかく買ったけれどうまく使いこなせなかったという人もいるでしょう。そうならないためにも、正しい選び方をまずはマスターしていきましょう。

選び方のポイント1:種類で選ぶ

ランタンは大きく分けて、ガソリン(灯油)ランタン・ガスランタン・LEDランタンの3種類。それぞれの特徴やメリット、デメリットは以下の通りです。

【ガソリン(灯油)ランタン】
ガソリンや灯油などを使って明かりを灯す方法です。3つのタイプの中で一番明るく、キャンプなどで使う場合は周辺まで照らしてくれるという点が最大のメリットと言えます。

ただし使う前は燃料タンクに空気圧を加えたり、使用後メンテナンスが必要など色々と手間がかかるのがデメリットです。そのためキャンプ慣れしたベテランの人向けと言えます。

【ガスランタン】
ガスを燃料にマントルと呼ばれる布を燃やすことで、明かりを灯す方法です。着火時はカートリッジを取り付けボタンを押すだけな上、交換時もカートリッジを替えるだけなので手間いらず。

またメーカーを揃えれば家庭用のカセットガスを、キャンプ用ガスに詰め替えることもできるので経済的です。ただし連続燃焼時間が他の種類に対して短い、予備のガスを持ち運ぶ必要があるなどのデメリットもあります。

【LEDランタン】
乾電池や充電器などを使って光を送るLEDランタンは、ボタン一つで付けたり消したりできるので、初心者にも扱いやすいと言ったメリットがあります。また安全性にも優れているので、テントや室内でも使えるのも魅力の一つ。ただし他の種類に比べて、明るさで劣ると言った点がデメリットと言えるでしょう。

選び方のポイント2:連続使用時間をチェック!

一度の燃料又は電池などでどれくらい使用できるのかも、選ぶときのポイントの一つ。あまり継続使用時間が短いと、燃料や電池などを頻繁に交換しなければいけないので、最低でも5~7時間程度は継続して使えるものを選ぶようにしましょう。

ポイント3:明るさをチェック!

3種類あるランタンは、LEDランタン→ガスランタン→ガソリンランタンの順番で明るくなっています。そのため、どの程度の明るさが必要なのかも、選び方のポイントの一つです。

例えば、キャンプサイト全体を照らしたい人は、ガソリンランタン。外である程度明かりがあれば大丈夫な人は、ガスランタン又はLEDランタン。テント内で使いたい人は、LEDランタンといった具合に選ぶとスムーズですよ。

選び方のポイント4:重さをチェック

キャンプ場などアウトドア時に使う場合は、持ち運ぶことを想定して重さもチェックしましょう。通常LEDランタンは1kg前後ガス・ガソリンランタンは2kg前後の場合が多いです。

アウトドアにおすすめなランタン1:最長20時間燃焼できるランタン

ヨーロッパが誇る伝統的なランタンメーカー、ドイツのFEUERHANDが手掛ける人気のランタンです。灯油又はスターパラフィンオイルを使っているため、非常に明るく燃焼時間は20時間と長時間使えるのも魅力の一つ。

亜鉛メッキ処理されているので本体はさびにくく、風が吹いても安定して使うこともできます。1年間の保証付きなのも嬉しいですよね。

アウトドアにおすすめなランタン2:植物燃料使用で安全対策もばっちり

34 件