共働き家庭の家事分担は北欧諸国に学べ!今すぐできる家事分担改革の5つのポイントとは? (page 2)

共働き家庭の場合の家事分担率をご存知でしょうか。なんと日本は世界的に見ても最も家事育児をしない国という調査結果が出ているのです!一方で、家事分担率が高いのは北欧諸国。共働き家庭が8割も超えている北欧では、どのようにして家事分担を行っているのでしょうか。今回は、共働き家庭における家事分担についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/02/18 公開 | 1428 view

共働き家庭の家事分担は北欧諸国に学べ!今すぐできる家事分担改革の5つのポイントとは?
冒頭から度々述べているように、やはり日本にはまだ「夫は仕事・妻は家庭を守る」という考え方が根強いように思えます。しかし、数年前にドラマ化され話題になったように、夫が家事育児をこなす「主夫」という言葉も注目を浴びるようになりました。実際には非常に稀なケースではありますが、新たな考え方が入ってきたことは重要なことと言えるでしょう。

「男子厨房に入らず」なんて言葉もあるように50代以上の夫婦であればなおさら、妻に家事と育児を任せっきり…という夫は多いと思います。一方、若い世代の夫婦であればあるほど、家事育児の分担には非常に柔軟で、積極的に取り組もうという姿勢が見られるようです。

北欧諸国に学ぼう!家事分担における「男女平等」

Free photo: Sweethearts, Love, Winter - Free Image on Pixabay - 502558 (108724)

北欧諸国では、ほとんどの主婦が働きに出ており、スウェーデンにおいては専業主婦率がなんとたったの2%なのだそうです。そんな女性の社会進出がもはや当たり前な北欧諸国では、家事や育児における男女の共通理解が進んでいるようです。
例えばその大きな考え方として「互いに無理をしないこと」「働きながら家事・育児を完璧にこなすのは無理」と言った相互理解があるのです。

そのため日本のように、働くママが休日に平日の夕食の作り置きをせっせとする必要もありませんし、時間に追われて育児の合間に家事をするストレスを感じることもありません。以下に、共働き夫婦が8割を超えるフィンランドでの家事育児の分担における考え方をご紹介します。

①料理は得意な方がする

Free photo: Pasta, Cuisine, Delicious - Free Image on Pixabay - 3150916 (108726)

フィンランドでは、基本はワンプレート料理なので、日本のように一汁三菜と言った献立が少ないのが一般的です。そのため、比較的シンプルな料理が多いのが特徴。鍋やフライパンをそのままテーブルに並べて各自好きな分だけ取って食べるというスタイルなのも忙しい夫婦にとっては時短の1つです。

これだけでも日本人女性にとっては有難いような気がしますが、フィンランドでは料理は得意な方が担当すればよいという考え方が強いのだそうです。もともと、男性の家事参加意識が高いためか、面倒と思える料理も好きであれば厭わないのかもしれませんね。ちなみに、北欧諸国の場合、
男女ともに残業がほとんどないため、平均して17時~18時に帰宅する夫婦がほとんどなのだそうです。こういった背景も、プラスに働いているような気がします。

②朝食も先に起きた方が作る

Free photo: Appetizer, Bread, Bun, Catering - Free Image on Pixabay - 1238615 (108727)

夕食だけではありません。朝食も先に起きたほうが作ればいいというのがフィンランドの考え方です。誰よりも早く起きて朝食やお弁当の準備をこなす日本とは雲泥の差ですよね。

最近は、日本でも欧米食が定着していますが、朝から日本食を好む男性も少なくないため、ごはん・味噌汁・焼き魚や卵焼きなど急いで準備しなければなりません。しかし、フィンランドの朝食は、サンドイッチとコーヒーが主流ですから、とても簡単!
子供たちも就学した頃になると自分でパンを焼き、ハムやチーズをのせてサンドイッチを作る家庭も少なくないそうです。これならいくら料理が苦手な男性にもサッと作れそうですよね。

③食器洗いは食洗器にお任せ

 (108729)

食事が終わった後の食器洗い。どこの家庭でも「面倒だな」と思われがちですよね。日本でも最近は食洗器のあるキッチンが多くなってきてはいますが、やはり外国に比べるとまだまだ普及率は低いようです。日本の狭い住宅では、キッチンに大型の食洗器を確保するだけのスペースがないからだと思います。北欧ではなんと朝から夜まで使った食器をすべて入れて食洗器に洗浄をさせるのが普通だというので、これはとても便利ですよね。

食器洗いの時間が短縮できれば、その分子供たちの遊びや宿題の相手が出来ます。無駄が嫌いな欧米人の考え方にぴったりですね。

④平日は忙しければ総菜を買ってくるでOK

Free photo: Salads, Fresh, Deli, Broccoli, Ham - Free Image on Pixabay - 2722691 (108730)

54 件