子供の突然の高熱と発疹あわてないで!「突発性発疹」の正しい対処法を徹底解説

生後半年から1歳半ばぐらいにかけて、何の前触れもなく子供が急に高熱を出すことがあります。3~4日熱が続き、下がったと思ったらみるみる全身に赤い発疹が出てきた…驚いてしまいますよね。このような症状が現れた場合、突発性発疹の可能性があります。初めてかかった病気が突発性発疹だという子も多いため、ママも焦ってしまいますよね。今回は、突発性発疹を発症したときに慌てずに済むように、症状や対処法などをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/03/03 公開 | 187 view

子供の突然の高熱と発疹あわてないで!「突発性発疹」の正しい対処法を徹底解説

突発性発疹とはどんな病気?

 (44881)

突発性発疹は、生後半年~1歳中頃までにかかる子供の病気です。

赤ちゃんは、生後半年頃までは、ママから貰った母子免疫や、母乳に含まれる免疫のおかげで、病気にかかりにくいと言われているのですが、それ以降からは様々な病気には気を付けて生活していかなくてはなりません。

そのため、初めての病気が突発性発疹だという赤ちゃんは、少なくありません。

突発性発疹の主な特徴と症状

 (44882)

突発性発疹とは、ヒトヘルペスウイルス6型(HHV-6)、ヒトヘルペスウイルス7型(HHV-7)というウイルス感染で起こる、子ども特有の病気のことです。
38度~39度近い高熱が3~4日程続き、熱が下がった頃から身体中に赤い発疹が現れます。

特に胸やお腹、背中の体幹に発疹が現れ、手足は少なめです。
また、この発疹に痛みはなく痒みもありません。

子どもに何の前触れもなく、突然の高熱が出るためママは「風邪かな?」と驚いてしまいますが、突発性発疹は咳や鼻水などの症状は全く出ないという特徴があります。

突発性発疹は、一般的には一度発症すると抗体が出来るため、それ以降突発性発疹になることはほぼないと言われています。

高熱時はそこまで機嫌は悪くない

 (44883)

突発性発疹のビックリする点は、赤ちゃんは高熱が出ているにも関わらず一生懸命遊ぼうとすることです。
39度を超える高熱が出れば機嫌が悪くなるのが普通ですが、突発性発疹の赤ちゃんはいつも通り機嫌が良い場合が多く、おもちゃに向かっていきます。

我が子も突発性発疹にかかった際は、高熱の割にそこまで機嫌が悪くはならず、いつも通り元気にハイハイしていたので驚きました。

しかし、3~4日後の熱が下がってからが本当の勝負です。
熱が下がった後に全身に発疹が出ますが、この発疹が出てこれば快方に向かってる証拠なのですが、何故か機嫌はどんどん悪くなっていきます。

病院の先生からも言われていたのですが、泣き方が声がかれるのではないかと思うほどギャン泣きです。
発疹が収まる頃には機嫌も落ち着いてくるそうなので安心してください。

突発性発疹の感染経路は?

 (44886)

突発性発疹の感染経路はあまり明らかになってはいません。
ただ、大人の8割以上が何らかのヘルペスウイルスを持っていると言われており、咳やくしゃみによる飛沫感染や、感染者の唾液が口から入ることによる経口感染、皮膚や粘膜の直接的あるいは手などを通じた間接的な接触感染の3つの可能性があります。

過去に感染したことがある親や兄弟から感染する家庭内感染が多いと考えられています。
感染力は弱いので、経口感染のような接触機会がないと、なかなかうつりにくい病気だそうです。

ヒトヘルペスウイルスに感染しても、運良く突発性発疹の症状がでない子もいますが、8割程度の子がかかる病気なので「いつか我が子もかかるかも」と覚悟はしておいた方が良いかもしれません。

突発性発疹の発症の流れ

 (44887)

突発性発疹の発症から症状の流れを説明します。

①ウイルスに感染
何らかの原因でヒトヘルペスウイルスに感染します。
ウイルス感染後の突発性発疹の潜伏期間は1~2週間程と言われています。

②急な高熱
突発性発疹になると急に38度以上の高熱が出て、みるみるうちに40度近くまで熱が上がり、3~4日高熱が続きます。

③熱が下がる
3~4日経過し、赤ちゃんが平熱まで下がればお風呂にも入れるようになります。

④発疹が出る
熱が下がり約1日程で身体中に赤い発疹が出てきます。
この発疹が出て、ようやく突発性発疹だったということが分かります。

⑤完治する
発疹2日~1週間程度で消えていきます。
発疹が出てしまえば、快方に向かっている証拠なのでもう少しの辛抱です。
37 件