初めての育児起こりやすい危険な事故の防止と応急手当について!

赤ちゃんから9歳までの子どもの死亡原因の第1位は、不慮の事故です。 死亡に至らなくても事故は日常生活で多発しています。 初めての育児でどうすればいいのかわからないママも多いはず。 事故防止の認識、親の気配りが大切になってくるので起こりやすい事故とその原因や事故防止方法、家庭でできる応急手当てについてわかりやすくまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/10 公開 | 130 view

初めての育児起こりやすい危険な事故の防止と応急手当について!

0歳児に多い窒息死

 (33736)

0歳児の事故死の8割以上は不慮の窒息が原因です。
窒息の多くは、食物によるものやベッド内で起きています。
柔らかい布団や枕、タオル、ガーゼやよだれかけなどに口をふさがれたり、吐いた食べ物をのどにつまらせたりして窒息する事故が多発しています。
ここでの事故防止ポイントは、ベッド内にはタオルやぬいぐるみなど置かず、寝ている時はよだれかけを外して口や鼻がふさがることがないようにしてあげましょう。
うつ伏せ向けに寝かせるのも窒息の事故へと繋がるのでやめましょう。
また、寝返りをうってうつ伏せになり、窒息しないようにちゃんと見といてあげましょう。

1歳から4歳児で増える溺死

 (33741)

お風呂場で親が数秒目を離したすきに溺れていたり、浴槽に浮かぶおもちゃを取ろうとして転落してしまう事故があります。
入浴時以外でも一人で浴室へ入って溺れていることもあります。
こうならないように入浴後の浴槽の水は、2歳になるまでは抜いておくようにしましょう。
そして、入浴中は子どもから目を離さないようにしましょう。
入浴の際に首に巻く首浮き輪が、目を離した隙に外れていて溺れるという事故も頻発しているみたいなので首浮き輪をしているから溺れないというわけではありませんので注意しましょう。
お風呂場以外でも洗濯機や洗面器による事故も多く、小さな子供はバケツや洗面器などのわずか10cmの深さの水でも溺れてしまいます。
バケツや洗面器の水がどんなに少なくても子どもを1人にしないようにしっかりと注意してみてあげましょう。
家以外でも夏季にはビニールプールや海や川で遊んでいてちょっと目を離した隙に溺れてしまうという事故が起きています。
水辺は必ず大人が付き添って子どもから絶対に目を離さないようにしましょう!!

窒息したり溺れたときの応急手当

 (33823)

胸骨圧迫(心臓マッサージ)

声をかけながら足の裏を叩いても反応がなく、呼吸停止や異常の場合は、ただちに胸骨圧迫による心肺蘇生を開始します。
幼児の場合は片手で、乳児の場合は指2本で胸の真ん中を胸の厚さの約三分の一の深さまで強く圧迫します。
1分間に少なくても100回のテンポで繰り返し行います。

気道確保・人工呼吸

頭を後ろへそらして、あご先を持ち上げて気道を確保して幼児は鼻をつまんで口から口へ、乳児は口で鼻と口を一緒におおい、約1秒間胸がふくらむまで息を吸い込みます。
30回の胸骨圧迫と2回の人工呼吸を繰り返します。

異物を吐かせる

子どもが1歳未満の場合は、腕の上に下向きでうつ伏せにして背中を数回強く叩き、次にあおむけにして胸の真ん中を強く圧迫してこの2つの方法を繰り返します。
1歳以上であれば後ろ向きに抱き上げてコブシをおへその上の胃のあたりにあてて素早く押し上げます。
この方法は1歳未満に行ってはいけません。
口の中に指を入れて取り出そうとしたりすると、異物がさらに奥へ入ってしまうことがありますので注意しましょう。

AED(自動体外式除細動器)

38 件

この記事を書いたキュレーター

関連する記事