春キャベツの美味しい魅力を大解剖!春キャベツの厳選レシピ集♡

年中手に入るキャベツですが、春になるとスーパーのキャベツ売り場には2種類のキャベツが並びますよね。キャベツと春キャベツ、どちらを選びますか?春キャベツは季節限定の魅力的な食材です。春キャベツの美味しい魅力と春キャベツをおいしくいただく厳選レシピをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/08 公開 | 133 view

春キャベツの美味しい魅力を大解剖!春キャベツの厳選レシピ集♡

キャベツって種類があるの?

Free photo: Vegetables, Savory Cabbage - Free Image on Pixabay - 1752246 (31719)

冬から春になるころ、スーパーの野菜売り場にキャベツが2種類並ぶのを見かけ始めますよね。そういうのを見ているとキャベツって種類あるの?とちょっと思ったことある方もいるかもしれません。実はあるんです。

葉を食べるキャベツが一般的にキャベツと認識しているものかと思います。実は、キャベツは芽や花も食べているんですよ。
芽キャベツはよく見るし、見た目のキャベツのミニサイズなのでわかりやすいですよね。キャベツの祖先である葉キャベツのケール。その花を大きくしたものはブロッコリーです。
ブロッコリーが白くなったものがカリフラワーですよね。普段意識はしないけれど、ブロッコリーもカリフラワーも大きく分けると花の部分を食べるキャベツと言えます。

今回は、葉を食べるキャベツについてみていきます。

葉を食べるキャベツ

 (31516)

普段、キャベツと呼んでいるのは丸い形の葉っぱを食べるキャベツのことですよね。どうやら収穫時期によって名前が違うようです。丸がつぶれた楕円形が特徴ですね。

●冬キャベツ(寒玉)●
夏に種まきをして、冬に収穫するキャベツを冬キャベツと呼ぶのだそうです。寒さが厳しい時期から春にかけて収穫されるものを寒玉と呼ぶのだそうです。
一般的にスーパーで陳列されているキャベツはこのタイプなのだそうですよ。

●高原キャベツ(夏秋キャベツ)●
春から初夏に種まきをして、夏から秋に収穫するキャベツで、主に高冷地で作られていることから高原キャベツと呼ばれるのだそうです。

●春キャベツ(春玉)●
早春から初夏に収穫されるキャベツで、新キャベツとも呼ばれているのだそうです。


他にも、丸い形のグリーンボールや紫色の紫キャベツ、寒い地域で作られ葉っぱが縮れているちりめんキャベツなどがあります。

春キャベツとキャベツの違いとは

 (31543)

一般的にスーパーに並ぶキャベツ、春キャベツとキャベツ(冬キャベツ)の違いを、その特徴から探ってみます。

●春キャベツの特徴●
形は丸っぽい形で、葉の巻がゆるい感じです。葉が柔らかくて薄く、甘くて水分が多いのが特徴です。みずみずしく、やわらかいのでサラダなど生で食べるのに向いています。

●キャベツ(冬キャベツ)●
形は楕円形、丸を上からつぶしたような形でおなじみです。葉の巻がギュッと詰まった感じです。葉は春キャベツに比べると少しかためで厚みがあります。こちらも甘みはありますよね。
炒めたり、煮たり、火を通して食べるのに向いています。

形も葉のかたさも、巻も違うんですね。特徴がわかってから購入すると、料理に使うときもうまく使えそうですね。

春キャベツの旬の時期っていつ?

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (31518)

春キャベツの旬の時期は、3月ごろから5月ごろといわれています。ちょうど春先から初夏のころですね。この時期が一番おいしい時期といえます。
スーパーにもこの時期に冬キャベツとともに並びます。ちょっとだけお値段高めですが旬の食材で季節を感じるのもいいのではないでしょうか。

ちなみに、年中手に入る冬キャベツは1月ごろから3月ごろが旬といわれ、この時期が一番おいしい時期です。
旬の時期には甘みもましてくるので、やっぱり旬の時期はおすすめです。

春キャベツの選び方

 (31538)

春キャベツを選ぶときのポイントは、まず、葉の巻がゆるいくギュッと詰まっていないものを選びましょう。そして、みずみずしく張りがあるものもいいですね。葉が黄色く変色しているものは避けて、葉につやのあるものがいいです。
芯の切り口は、小さめで割れているとか変色しているなど劣化のないもの、芯が高めで3分の2ぐらいの高さのものを選びましょう。高すぎると、苦味がでてくるのだそうです。

カットされているものを買うときは、カット面の芯の部分が盛り上げあっていないものを選んでください。盛り上がっているものは日がたって鮮度が落ちている可能性があります。

ちなみに、冬キャベツは、色つやよく葉の巻がギュッと詰まったずっしり重いものがおいしいとされています。
42 件