男の子の妊娠率を高める5つの方法!メカニズムや話題のリンカルについても一挙公開!

どうすれば男の子の妊娠率を上げられるの?産み分けの方法が知りたいという人もいますよね。そこで男の子の妊娠率をアップさせる方法を始め、どのように性別が決まるのかそのメカニズムを解説!さらに男の子を妊娠したい人に人気の「リンカル」についても触れていきます。また男の子を妊娠するためには排卵日の特定が不可欠なのです。そんな排卵日がわかる検査薬3選も発表していきます。ぜひこの記事を読んで、知識を高めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/05/22 公開 | 46 view

男の子の妊娠率を高める5つの方法!メカニズムや話題のリンカルについても一挙公開!

男の子を妊娠するメカニズムは?

 (151189)

赤ちゃんの性別ですが、受精した段階ですでに決まっていることを知っていますか?ではどうやって性別が決まるのか、そのメカニズムについて触れていきましょう。

染色体の組み合わせで性別が決まる

性別は「Y染色体」「X染色体」2種類の染色体が性別を決めています。この2種類の染色体ですが、女性の持つ卵子は全て「X染色体」に対し、男性は「Y染色体」と「X染色体」それぞれの染色体をもつ精子が存在するのです。

そしてどの染色体の組み合わせかで、性別が決まっています。具体的な組み合わせは以下の通り!

・Y染色体をもつ精子と卵子が受精した場合→YX染色体で「男の子」
・X染色体をもつ精子と卵子が受精した場合→XX染色体で「女の子」

そう、男の子を妊娠するためには、Y染色体をもった精子と受精させる必要があるのです。

X・Y染色体それぞれの特徴!

X染色体とY染色体、それぞれ特徴が違います。特徴をしっかり理解することも、男の子を妊娠するためには大切なポイントなので、覚えておいてくださいね。

【Y染色体の特徴】
・動きが速い
・寿命が1日程度と短い
・X染色体より数が多い
・酸性に弱くアルカリ性に強い


【X染色体の特徴】
・動きがゆっくり
・寿命が2~3日と長い
・数が少ない
・酸性に強くアルカリ性に弱い

産み分けを行わない方がよい人は?

Woman Beautiful Girl - Free photo on Pixabay (151190)

男の子の産み分けなど、特定の性別に特化した妊娠は、通常に比べて妊娠しにくい傾向にあります。なぜなら特定の日に絞って行為をしたりするため、通常より妊娠する確率がどうしても下がってしまうのです。ではどんな人が産み分けを行わない方がよいのか、チェックしていきましょう。

・すぐにでも妊娠したい人
・高齢出産になる人
・不妊治療をしている人


妊娠は年齢を重ねるにつれてしにくくなるため、高齢出産に当たる人も避けた方がよいです。ただし、絶対産み分けをしてはいけないということではないので、どうしても男の子が欲しい場合などは夫婦で話し合って決めると良いでしょう。

男の子の妊娠率をアップさせる方法5選!

Pregnant Mother Body - Free photo on Pixabay (151191)

男の子を妊娠する確率を上げるためにはどうすれば良いのか、コツを詳しく紹介していきましょう。

1.女性が気持ちよいと感じる濃厚な行為を行う

通常膣内は殺菌などの侵入を防ぐため強い酸性です。そのためY染色体には生きにくい環境にあります。でも行為の際女性が強い快感を感じると、アルカリ性の物質が分泌されることから、膣内の酸性が中和されるのです。

膣内がアルカリ性に傾くことで酸性に弱いY染色体も生き残りやすくなることから、男の子が産まれやすくなるのですよ。
46 件