ランドセルレインコートの選び方♡雨の日の通学もこれで快適に♪

雨が降ると肌寒かったり濡れてしまったりと何かと心配な子どもの通学。どんな服装で送り出していますか?小学校低学年の内はまだ傘が上手にさせなかったり、ついつい友達と水たまりに入って遊んでしまうなんてこともあるでしょう。そんな時に便利なのがランドセルまですっぽりと覆えるランドセルレインコート。今回の記事ではそんなランドセルレインコートの選び方からオススメ商品まで丸ごとご紹介しましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/27 公開 | 637 view

ランドセルレインコートの選び方♡雨の日の通学もこれで快適に♪

子どもは雨の日のお出かけが好き!

「梅雨」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (42996)

雨の日って気分がどんよりして、出掛けるのが憂鬱になりませんか?傘やレインブーツで足取りが重くなったり、服や荷物が濡れてしまうのも困りもの。更に子どもと一緒にお出かけともなれば、わざと水たまりに入ったり傘で遊んだりと、心配事は多くなります。しかし、そんなパパママ達の気持ちとは裏腹に、子ども達の雨に対する考え方は違うようですよ。
お子さんは雨の日が好きですか?

お子さんは雨の日が好きですか?

上のグラフはミキハウスが運営するサイト、ハッピーノートドットコムが約280名のパパママに対して行った、「雨の日」に関するアンケート結果です。この調査ではパパママに対して「あなたのお子さんは雨の日が好きですか?」と聞いたところ、30%が好き、30%はどちらともいえないと答えたのに対し、嫌いと答えたのはわずか12%という驚きの結果となりました。大人が嫌がりがちの雨を、敢えて楽しむことが出来る子どもたちの発想はとても素敵ですね。特に一人で登下校出来るようになって少し親の手を離れた年頃になると、傘をひっくり返してずぶ濡れになって遊んでいる子や、小雨なら平気で外遊びに行く子も沢山目にします。そんな子どもの好奇心を尊重して自由に遊ばせてあげたいと思う一方で、雨に濡れることは風邪をひいたり、靴や服が汚れたりと困ることが多いのも事実です。更に小学生になるとお友達同士のおうちに遊びに行ったりすることも増えてきますが、雨の日は汚れたり濡れたままの衣服で他所のお家に迷惑をかける心配があるため、お友達との遊ぶ約束を禁止しているご家庭も多い様ですね。ママの気苦労が絶えない、子どもたちの雨の日事情。雨の日グッズを使って少し楽に出来ないものでしょうか?そこで今回の記事では、遊びたい盛りの子どもを雨から守る、オススメレイングッズをご紹介していきましょう!

みんなが子どもに使わせているレイングッズは??

子どもにどんなレイングッズを使わせていますか?

子どもにどんなレイングッズを使わせていますか?

子どもに使わせているレイングッズの調査では傘、レインコート、レインポンチョ、長靴がほとんど同じくらいの使用率で並びました。この調査では対象となる子どもの年齢が明記されていないため、子どもといってもベビーカーが必要な年齢から小学生まで、幅広い年齢層の子どもが対象になっていると考えられます。特に傘を上手にさせない幼稚園生くらいまではレインコートのみ、小学校低学年くらいまではレインコートと傘を併用し、高学年になると傘と撥水・防水性の高い上着を着用するなど、年齢によって使い易いグッズには違いがありますよね。この調査では全てのレイングッズが同じくらいの使用率になっていますが、雨の日のマストアイテムとも言える傘の使用率が思ったよりも低めなのはこういった理由からでしょう。ママの心理としては「濡れない様に、汚れない様に万全の状態で外出させたい」という気持ちが強いと思いますが、実際には子どもの歳や状況に合わないグッズを持たせても、結局子どもにとって使い難ければ意味がありません。是非子どもが不自由なく使えるかどうかを重視しながら、子どものお気に入りを見つけてあげましょう。

小学生の登下校で困るのが「ランドセルが濡れてしまうこと」

Free photo: Child, Umberella, Games, Happiness - Free Image on Pixabay - 898040 (40827)

小学生になると幼稚園までとは違い、親と一緒ではなく子どもたちだけで登下校する様になりますよね。小学生の頃を思い返してみると、雨の日の通学路では傘に水を溜めてみたり、大きな水溜りに長靴でどこまで入れるか試してみたり…親の目がないからこそ好奇心の赴くまま雨の日を楽しんでいた記憶があります。この様に子どもはただでさえ濡れる雨の日に、もっと濡れる行動をとっていることも多いです。また小さな子どもは傘が重く、まっすぐに立ててさすことが難しいため、上の写真の様に肩に担ぐ様な形で傘をさしている姿が多く見受けられます。そうやって肩に担がれた傘からは大量の雨粒がランドセルの方へと流れていきます。つまりランドセルはきちんと守っておかないと、傘に当たった雨の被害を丸ごと受けてしまうんです。そんな時に便利なのがランドセルレインコート。ランドセルを背負ったまま着ることが出来るので、ランドセルも衣服も丸ごと雨から守ることが出来ます。傘を上手く扱えないうちはレインコート1つで雨を防げれば楽ですよね。また両手が空くので子どもも余計な荷物が増えずに快適です。

では、次の章からはそんな便利なランドセルレインコートの選び方について詳しく見ていきましょう♪

ランドセルレインコートを選ぶときはここをチェック!

「ランドセル」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (41334)

★サイズ感★

サイズを選ぶときは今着ている衣服のサイズよりもワンサイズ大きなものを選びましょう。ランドセルレインコートはそもそも少し大きめに作られていますが、雨の日しか使わないので、あまり使う機会がないままサイズアウトしてしまったら勿体ないですよね。冬のコートの上に羽織ることも考えると、少し大きめがオススメです。
※大きすぎるものを選ぶと裾が足にまとわりついて歩きにくかったり、身体とレインコートの隙間が生まれて雨がうまく防げなくなる可能性があるため、適度な大きさを選ぶ様にしましょう。
38 件