「1ヶ月の生活費」家族3人の場合「皆はいくらかかっている?」

主婦の方は、自分でやりくりを頑張っている!と思っていても、上手くいっているのか不安ですよね。他の家庭ではどのくらいかかっているのか参考にしたいという方のために、3人家族の一般的な生活費についてまとめてみました。家計を見直し、無駄を省いてやりくり上手な主婦を目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/21 公開 | 15138 view

「1ヶ月の生活費」家族3人の場合「皆はいくらかかっている?」

恥ずかしくて聞けないが「他所の生活費」を気にする主婦は多い

Free photo: Coins, Currency, Investment - Free Image on Pixabay - 948603 (23030)

子供を育てていると、何かとお金がかかります。

夫婦2人だけの時は余裕をもって貯蓄ができていたのに、今月はなんだかカツカツ…世の中の奥さまは、生活費にどれくらいかけているの!?どんなやりくりをしているの!?

と思っていても、ママ友には聞けませんよね。

実際に、お金のやりくりに不安を持っている方や、他の家庭の生活費について気になっているという主婦は、大勢いるようです。

家族4人の生活費はいくらかかっていますか。 - 参考にさせてください。私、... - Yahoo!知恵袋

家族4人の生活費はいくらかかっていますか。 - 参考にさせてください。私、... - Yahoo!知恵袋
家族4人の生活費はいくらかかっていますか。 参考にさせてください。私、妻、子供2人(5歳2歳)上の子は幼稚園下の子は妻がみており現在は専業主婦です。
家計のやりくりが上手くいかない時、似たような収入家庭ではどうやりくりしているのか気になるかと思います。自分ではどこをどう節約したらいいのか見えない部分も、第三者にアドバイスをもらえて目から鱗!なんてことも。

生活費(4人家族)26万円は多いですか?

生活費(4人家族)26万円は多いですか?
生活費(4人家族)26万円は多いですか? 貯蓄したくて、真剣に悩んでおります。 平均より多いのでしょうか? 節約できるところはありますか? ご意見下さい。よろしくお願いします。
リンク先では、家庭の収入、支出が詳しく掲載されており、回答も的確なアドバイスをもらえています。yahoo!知恵袋では、様々な形態の家庭のお金に関する質問が集まっており、大変参考になりますよ。

生活費について|家庭の悩み

生活費について|家庭の悩み
この度赤ちゃんができ、結婚することとなりました。経済的にやっていけるでしょうか?? 実家暮らしだったため、漠然としています。 彼 年収370万 手取り17万 ボーナス70万 子供が生まれたら月手取り20万になります
これから出産を控え、生活に不安を抱えている方の相談です。収入をしっかり把握していても、これからかかるであろう出費が分からないと、不安にもなりますよね。

夫婦2人、子供1人の場合「生活費」一般的にはいくら位?

Free photo: Baby, Child, Daughter, Family, Girl - Free Image on Pixabay - 17369 (23032)

夫婦2人、子ども1人の家族を想定した生活費ですと、一般的には25万円程が必要と考えられているようです。当然ですが、お子さんが多くなると、生活費も比例して多くなります。

あくまで一般的な数値となりますので、賃貸や持家、ローン、同居、自家用車の所持など、生活形態によって差があります。これ以上の費用がかかっている家庭もあれば、上手にやりくりをして貯金に回しているという家庭もあります。

夫婦2人、子供1人の場合「光熱費」一般的にはいくら位?

Free photo: Light Bulb, Pear, Light, Energy - Free Image on Pixabay - 1640438 (23033)

3人以上の家族構成での一般的な光熱費は、2万円程と言われています。

お子さんが小さいうちは、暖房や冷房をこまめに調節したり、洗濯の回数や量も増えますので、何かと光熱費はかかります。ですので、もう少し大目に見積もっていてもいいかもしれません。

ママが頑張って節約しようと思っていても、光熱費での節約は難しいかもしれませんね。

夫婦2人、子供1人の場合「食費」一般的にはいくら位?

Free photo: Child Eating, Kids, Childhood, Meal - Free Image on Pixabay - 881200 (23038)

3人以上の家族構成での一般的な食費は、4万円~6万円と言われています。これは夫婦の食べる量や、お子さんの性別や年齢によって、各家庭で大きく違いが出る出費です。それに、お子さんが成長するにつれ、食費もどんどん多くなることが予想されます。

チラシやスマホアプリを上手に使い、スーパーの特売や安い品物はないかチェックしながら買い物をしましょう。スーパーによっては、ポイントが倍になる日や、5パーセントオフなど、お得な日もあります。保存ができる食材は、安い時にまとめ買いしておくのもいいですよ。

やりくり上手な主婦は、毎月の食費を2、3万円に抑えているという方もいるそうです。
33 件

関連する記事