避妊は男性だけじゃない!女性も主導権をもって避妊をしていこう!

避妊は全て男性がしなくてはいけないものというわけではありません。男性に任せていて不安な人も、この機会にしっかりと主導権をもって女性から避妊に積極的になろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/10 公開 | 122 view

避妊は男性だけじゃない!女性も主導権をもって避妊をしていこう!

望まない妊娠を防ぐために出来る事をしよう

望まない妊娠は出来るだけ防ぎたい

望まない妊娠は出来るだけ防ぎたい

日本では様々な避妊の方法がありますよね。それらの方法は望まない妊娠を防ぐためにも重要な方法となってきます。

望まない妊娠を防ぐためにもしっかりと自分のライフスタイルにあった避妊方法を選ぶ必要があります。無理なく、確実な方法を選ぶようにするのが大切なポイントです。
また、避妊方法を覚えておく事は将来の自分の身を守る事や子宝に恵まれるまでに体を傷つけないようにするためにも必要な事です。出来る限りの事が出来るように覚えてほしい所ですね。

避妊方法は色々ある!

避妊方法は色々あるので確認してみよう

避妊方法は色々あるので確認してみよう

避妊方法は様々なものがありますが、どこまで知っていますか?
◆経口避妊薬
◆IUS(子宮内避妊システム)
◆銅付加IUD(子宮内避妊用具)
◆コンドーム
◆リズム法
◆避妊手術
などの方法があります。これらの方法を単体、または複数使用する事によって避妊をしていく事になります。これは将来の赤ちゃんを守るためにも必要な方法なので覚えておいて損はないですね。

避妊は女性が主導権を持つべき?

避妊の主導権は女性が握ろう!

避妊の主導権は女性が握ろう!

中絶を受ける人は今でも多くいるとされています。
基本的に普及している方法はコンドームですが、様々な方法がある事はお伝えしました。一般的にコンドームでの避妊が普及していますが、100%ではないのが現状です。
男性に途中からつけられた、コンドームを使わずに行われた、コンドームが破れたなどケースバイケースで妊娠の確率は上がってしまいます。妊娠を望まないのであれば、快楽中心ではなく避妊を中心に考えたいものですが、一部の男性は中々そうはなりません。そういう時には出来るだけ女性の方から避妊の主導権を握るのが良いとされています。
避妊リング、ピルなどは女性が中心となって行える避妊方法です。また、ピルの場合は女性ホルモンの調節が出来るので生理に関する悩みの解消にも繋がります。また、他の方法として女性用のコンドームも販売されています。

望まない妊娠にならないように女性から避妊を進めていきましょう。

女性が中心となる場合はピルが避妊としておすすめ

女性が中心となる場合はピルが便利!

女性が中心となる場合はピルが便利!

妊娠のタイミングを決める権利は女性にあるといっても過言ではないかもしれません。。
殺精子剤は100%の避妊にはなりません。コンドームの場合は約15%の確率でなんらかの事が起きて妊娠してしまう化膿せがあります。コンドームは通常通り使っていても3%の妊娠確率があります。
では、女性主体となって避妊するのは何が良いのでしょうか。
そこで出てくるのがピルによる避妊方法です。
海外ではピル自体が中学・高校で無料で配られているところもあるんですよ。男女平等という意識が高い国や地域では、避妊は女性がすることが当たり前。男性に任せるという意識がないんです。
妊娠出来るのは女性だけですよね。妊娠のタイミングを考えるのも女性にあると言っても過言ではないので避妊は女性も積極的にするべきなのです。自分の体をまもるため、将来の子供をまもるためにもピルなどの避妊方法は併用するのが一般的です。

女性の避妊手術についても知ろう

34 件

関連する記事