菜の花のおひたしを美味しく食べるレシピ大特集♡選び方から驚きの栄養まで徹底調査しました!

菜の花といえば春の訪れを告げる食材としておなじみです。美味しく食べる定番といえばおひたしですよね。菜の花のおひたしのレシピをピックアップして特集します。選び方や保存方法、驚きの栄養を調査してみましたのでご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/12/05 公開 | 22 view

菜の花のおひたしを美味しく食べるレシピ大特集♡選び方から驚きの栄養まで徹底調査しました!

菜の花食べるならやっぱりおひたし!?

 (98538)

どんな野菜も年中手に入る現代ですが、菜の花は春にしか味わいえない数少ない食材のひとつに数えられます。
菜の花の旬の季節は2月から3月といわれ、短い期間にだけ食べることができる食材ですね。

ほろ苦さと甘みをあわせ持つ大人味ともいえる菜の花ですが、どのようにして食べるのが美味しいのでしょうか。
天ぷらやパスタ、サラダやスープなどさまざまな料理に使えますが、菜の花の食べ方としてはやっぱり【おひたし】が定番といえるでしょう。

おひたしは、味付けがシンプルなので、菜の花など食材の味をしっかり味わうことができるので、あのほろ苦さと甘みなど菜の花の美味しい部分を存分に味わうことができるでしょう。

この記事では、菜の花のおひたしの美味しいレシピを特集します!

菜の花を美味しく食べるレシピ!◇下ごしらえ

 (98528)

菜の花を美味しく食べるために、まずしておきたいのが下ごしらえ(下処理)です。アクの強い食材ではないので神経質になる必要はないですが、苦味がある食材でもあるので、より食べやすくするために必要な工程といえます。

菜の花の下処理(下茹で)の方法

➀菜の花は二等分か三等分に切って、茎と花の部分に分けておきます。
②菜の花がつかる程度の熱湯を沸かして、ひとつまみ塩を入れておきます。
③茎の固い部分を②に入れて再度沸騰してくるまで茹で
④③に花の部分を入れて30秒ほど茹でる
※ゆで時間は全部で1分半くらいを目安にしてください。
⑤冷水にさらして、よく水けを絞ります。

この方法が定番なのではないでしょうか。
ほうれん草の20分の1といわれるほどのアクしかないので、神経質にならなくてもいいですが、茹で過ぎや水にさらし過ぎには注意が必要です。
旨味が逃げてしまうだけでなく、大切な栄養も壊れてしまうので長時間茹でたり、長時間水にさらしたりしないように注意しましょう。


菜の花のおひたしレシピ◇基本編

 (98529)

まずは、基本的な作り方のおひたしのレシピwピックアップしてご紹介します!シンプルだからこそ、美味しいものです。チェックしてみてください。
60 件