ヨーグルトで健康的に美しくなろう!乳酸菌がもたらす7つの効果とは?効果的な食べ方&選び方 (page 2)

ヨーグルトに含まれる乳酸菌のすごい効果についてご存知ですか?乳酸菌には様々な種類があり、それぞれ便秘解消やダイエット、肌質改善、インフルエンザや風邪予防などの効果が期待出来るんです! そこで今回は、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の7つの効果と効果的な食べ方や選び方についてご紹介します。1日の摂取量の目安や食べるタイミングなど詳しくご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね! これを読んだら今すぐヨーグルトが食べたくなる!今話題の菌活を、皆さんも始めてみませんか?手軽に続けられるヨーグルト健康法で、体の中から美しく元気になりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/12/27 公開 | 92 view

ヨーグルトで健康的に美しくなろう!乳酸菌がもたらす7つの効果とは?効果的な食べ方&選び方
市販のヨーグルトの品名にもなっている「R-1乳酸菌」。ブルガリア菌という乳酸菌の1つで、主に免疫力を高めてくれる効果が得られます。そのため、風邪やインフルエンザの予防に日ごろから摂取する人も多いですよね。ほかにも、アレルギー症状の緩和などにも効果的と言われています。

◆プラズマ乳酸菌

プラズマ乳酸菌は、免疫の司令塔の1つである「プラズマサイトノイド樹状細胞」を活性化する作用があり、今大注目されている乳酸菌の1つです。

他の乳酸菌との大きな違いは、免疫力を直接的に高める効果が得られるという点。そのため、他の乳酸菌よりも免疫力を高める効果が強いのです!風邪、インフルエンザなどの予防だけでなく、疲労感の軽減や肌バリアの機能向上にも役立つと言われています。

◆乳酸菌シロタ株

乳酸菌シロタ株と言えば、「ヤクルト」に含まれる乳酸菌です。生きたまま腸内に到達する力があるため、腸内にある善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす効果が得られます。
便秘解消やそれによる美肌効果・ダイエット効果も期待出来ます。

◆LG21乳酸菌

こちらも最近よく耳にする乳酸菌の1つ「LG21」。LG21の特徴は、他の乳酸菌よりも胃で生き残る力が強いこと。胃の健康だけでなく、もちろん腸内環境を整えてくれる効果があります。

さらに日本人に感染者が多い「ピロリ菌」の働きを抑制する作用があります。ピロリ菌は、胃がんの原因だけでなく、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを引き起こす原因とされていますので、積極的に摂取することでリスクを抑えられるというわけですね。

◆PA-3乳酸菌

PA-3株という乳酸菌は、主にプリン体を低減させる効果があります。尿酸値が高い・痛風になりやすい人などにおすすめ♡痛風が悪化すると心筋梗塞や脳梗塞のリスクも高まりますので、気になる人は積極的に摂取しておきたいですね。

乳酸菌がもたらす効果①腸内環境を整えてくれる

77 件