5歳児にオススメの遊びを教えて!子どもの発達を知って楽しい時間を過ごそう♪

子どもが大きくなってきたら、今までの遊びではなんだか物足りなそう…5歳ともなると、様々な遊びができるようになってきています。5歳児にぴったりの遊びってどんなこと?5歳児の発達を知り、成長に合った遊びをさせてあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/02/08 公開 | 64 view

5歳児にオススメの遊びを教えて!子どもの発達を知って楽しい時間を過ごそう♪

5歳児の発達~どんな遊びができる?~

 (107745)

子どもも5歳にもなると、言葉もはっきりしておしゃべりも上手だし、運動もとても活発になります。お友達とも仲良くごっこ遊びやルールのあるゲーム遊びをしたりなど、社会性も身につき理解しています。

簡単な遊びでは物足りなってくるこの時期の子どもには、一体どんな遊びが合っているのでしょうか。5歳児にピッタリな遊びを紹介していきますが、一緒に5歳児の発達について少し見ておきましょう。

体を活発に動かすことができる

筋力が発達しているので、走ったりジャンプしたりという基本的な動きも安定してきているし、スキップなどリズムが付いている運動も上手になっています。バランス感覚もしっかりとしてきているので、公園の遊具などでも活発に遊んだりします。ブランコを大きく漕いだり、高いところからジャンプしてみたり、平均台など細いところを好んで歩いたり…ちょっぴりスリルのある遊びも楽しんだりしますよね。

運動能力の発達のためにも挑戦させてあげたい遊びですが、ケガのないようにお約束などを設けて、しっかりと大人が見守った上で遊ばせてあげましょう。

手先が器用になる

手先の発達が著しく、箸や鉛筆も上手に持てるようになってきます。はさみの使い方、のりの使い方も上手になってきていて、工作やお絵かき、粘土遊びをしていても、自分で作りたいと思い描いているものにより近いものを仕上げることができるようになってきています。作品を良く見てみると、色や形も細部までこだわりを見せていますよ。

パジャマのボタンなども、すっかりもう一人でできるし、弁当箱のハンカチ結びくらいなら練習すればできるようにもなります。

読解力が身につく

ひらがなに興味を持った子は、簡単な絵本を読むということも。字がまだ読めなくても、折り紙の本を見ながら形通りに1人で折ってみようともします。分からないところは大人に聞いたりしながら、自分で考えてやってみよう!と、意欲的に取り組む姿も見られますよ。

集中力がアップしている

これまでは長い絵本のお話に飽きていたお子さんも、ちょっと長い絵本に挑戦してみたら集中して読めたということも。幼稚園では、先生のお話を集中して聞くことができるようになってきています。1つの遊びに飽きずに夢中で取り組むことができるこの時期、ブロックやドミノに挑戦したら、すごい大作ができていたということも!!

興味・関心を持つ

「どうして?」「なんで?」様々な物や現象に関して興味や関心を持ち、大人に聞いたり自分で調べようとします。知識がぐんと伸びる時期です。

「赤色の車が好き!」と言っていたお子さんが、「この形の車が好き!」などと言い出すのもこの時期。色よりも形や種類に興味を示し始めます。

情緒の発達

自分でこうしたい・ああしたいという主張を相手に伝えつつ、相手の気持ちを聞いて受け止めようとしたりします。お友達の気持ちを考えながら、仲良く遊ぶ姿が見られます。お友達と喧嘩をしても、自分たちで解決しようとする時期です。しかし、まだまだ精神面では未熟な部分があるため、大人のフォローが必要なこともあります。

大人は手を貸しすぎず、ある程度は子ども達の遊ぶ様子を温かく見守ってあげましょう。
54 件