子ども用サンダルで夏を快適に♪子どもの足に優しいサンダルの選び方を教えて!

暑~い夏、お子さんの靴はどうしてますか?履きなれたスニーカーもいいのですが、夏場はサンダルを履かせてあげてはいかがでしょうか。子ども用のサンダルは、歩行をサポートしてくれたり、蒸れにくい素材や形をしていて夏場も安全に快適に過ごすことができるんですよ。気になる子ども用サンダルについて、たっぷり紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/03/18 公開 | 1880 view

子ども用サンダルで夏を快適に♪子どもの足に優しいサンダルの選び方を教えて!

夏はスニーカーよりサンダルがおすすめ!

Free photo: Mama, Child, Security, Mother - Free Image on Pixabay - 1592422 (50940)

お子さんは普段、お出かけと言えばスニーカーを履いて行くかと思いますが、暑い夏はスニーカーよりもサンダルで出かけるのがおすすめです。

サンダルは素足に直接履いたりするし、子どもの足に履かせても大丈夫なの!?と思うかもしれませんが、子どもの足にも優しい素材を使ったり、子どもの足に合った工夫がされているので安心して履かせることができます。サンダルはスニーカーよりも通気性も良く蒸れないので、子どもも快適に過ごすことができるんですよ。

サンダルは足が痛くなりそう?そんなことはありません

Free photo: Shoes, Sandals, Footwear, Casual - Free Image on Pixabay - 1489827 (50943)

サンダルは素材が足に食い込んだり、つま先が出ていると痛くなりそうなイメージ。歩行がまだしっかりしていない頃の子どもが履くならなおさら心配です。大人も、サンダルを履いて歩くときにつまずくと怪我をしたりしますよね。

しかし、子ども用のサンダルは、素材が足に当たっても痛くないような素材を使ったり、つま先がガードされているタイプなどが販売されています。子どもの足にもしっかりフィットするようにできているので、足が痛くなるということはほとんどありません。

ただし、足に合わないサイズを無理に履こうとすると、スニーカーと違ってサンダルは足が痛くなりやすいです。小さいのはもちろん、来年も履けるようにと大きい物を購入しても歩きにくく、靴ずれなどで足を痛める原因になります。子どものサンダルを選ぶときは、足にしっかり合っている物にしましょう。

また、砂利道などの足場が悪い所での使用にも向いていません。レジャーで使う場合は、スニーカーとの使い分けをするのもいいですよ。

小さなお子さんがサンダルを選ぶときのポイント

Free photo: Kid, Children, Baby, Kiddie, Summer - Free Image on Pixabay - 1365105 (50930)

子どもに履かせるサンダルを選ぶときのポイントをまとめてみました。デザインも重視したいですが、発達段階の子どもの足に履かせてあげるものですから、足に合ったものを選んであげましょう。

足のサイズに合ったもの

Free photo: Feet, Children'S Feet, Baby - Free Image on Pixabay - 619399 (50931)

子どもの足のサイズの平均は

6ヶ月~1歳半 11~13cm
1歳半~2歳 12~14cm
2~3歳 13~15cm
3~4歳 14~16cm
5~6歳 17~18cm
7~8歳 19~20cm

となっています。ただし、メーカーやサンダルのデザインによっては大きさが違うこともありますし、成長には個人差もあります。購入前に足のサイズを確認したら、プラス5mmほどのサイズの靴を基準にし、店頭で実際に履いてみて購入しましょう。

柔らかい素材

Free photo: Playing, Shoes, Happy, Baby - Free Image on Pixabay - 1284497 (50938)

サンダルはスニーカーと違って素足で履くこともあります。足に直接触れるものですから、硬い素材よりも柔らかく優しい素材であるものを選んだほうがいですね。

お子さんの歩行が安定した年齢だと、あまり柔らかすぎる素材は逆に歩きづらいということもあります。
65 件