「狭い部屋をレイアウト」して「広く魅せるお部屋」にしてみない? (page 2)

我が家にいてもなぜか落ち着かない、イライラする…そんな気分の原因は、狭い部屋にあるのかもしれません。せっかくだから、広々とした開放感のある、素敵な我が家にして心も身体もリラックスしたいですよね☆今回は、狭い部屋を広く魅せる夢のような方法をご紹介したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/24 公開 | 2296 view

「狭い部屋をレイアウト」して「広く魅せるお部屋」にしてみない?

広く魅せるコツ③物は隠す

 (24234)

部屋を広く魅せるコツの3つ目は収納です。部屋が狭くなってしまっている原因の一つは、物がリビングなどの生活の場に出ていることが考えられます。

単純に、物を片づけるとその場はキレイになり、空間も生まれますよね?
狭い部屋に物を置くことは、その分のスペースを物でつぶしていまっている事になり、非常に勿体ないです。

収納を上手く利用してなるべく物が目につかないようにする事で、その分のスペースを広く活用することが出来ます。

収納があまり無い場合は、収納スペースを造ればよいのです。部屋の角にフィットする収納グッズを使えば無駄なスペースがなくなり、壁用の収納グッズを使えば床面積を潰すことなく物を収納できるので、スッキリとした印象になります。

収納したものはなるべく見えないようにする事が、部屋を広く魅せるコツです。いくらキレイに収納されていたとしても、物が多く目につけば圧迫感を感じ、部屋が狭く見えてしまいます。100均などに売っているカーテンや布などで隠すだけでも印象はだいぶ違ってきます。
おしゃれに収納☆ダイソーのスクエアボックス

おしゃれに収納☆ダイソーのスクエアボックス

 (23727)

ベッド下の収納としてもいいですね♪
おしゃれなカフェカーテンで目隠し

おしゃれなカフェカーテンで目隠し

カフェカーテンと突っ張り棒で見せたくない所を隠しちゃいましょう。

広く魅せるコツ④照明

 (24235)

部屋を広く魅せるコツ4つ目は光です。照明器具を上手く活用すれば、部屋を広く見せることが出来るんです☆

部屋を広く魅せるには、間接照明を使います。間接照明とは照明器具から放たれた光が天井や物を照らし、その反射で部屋を明るく照らす照明の事です。簡単に言えば、直接ではなく間接的に照らす照明だという事です。

この間接照明がもたらす効果は様々で、その中でも部屋に奥行きをもたせて広く見せる効果のある照明もあるのです。

例えば部屋の角に間接照明を配置すると、光により奥行きが生まれて部屋を広く見せる事が出来ます。

又、家具の後ろなどに照明を配置すると、家具と壁の間に光が入り、その光により空間が生まれて広さがあるように見せる事も出来ます。

色合いを調節できるのも照明の良さで、開放的にしたいリビングなどの部屋の照度を明るくし、逆に廊下などの照度を暗くすることで明るさの差が生まれ、広さのメリハリを付けることが出来ます。

照明器具の種類によっても部屋の広さの印象はだいぶ違ってきます。

天井から下げるタイプのペンダント型の照明器具だと、高さが失われて低く感じてしまいます。天井を高く見せるには天井に埋め込まれることが多いダウンライトが最も効果的ですが、元々設計されていないと利用するには難しいので、その設備が整っていない場合にはシーリングライトが効果的だと思います。

シーリングライトとは、天井値付けのタイプの物なので、天井から下がる高さを抑えられて、天井までの高さを確保することが出来ます。

フロアランプ(ROBLE NA) | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット

スタンドが付いたこちらの間接照明を部屋の角に配置すると、光と影により奥行きが生まれて部屋を広く見せてくれる効果があります。

5灯式シーリングライト(C-080P-5) | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット

こちらの天井に付けるシーリングライトは、高さがなく幅があるので天井までの高さを出しながらも広範囲を照らしてくれるのですっきりとした印象になります。 

【楽天市場】照明 LED 対応 フロアスタンド 1灯 レダ LEDA シアターライティング【フロアライト 間接照明 小さめ 照明器具 照明スタンド 床置型 映画 テレビ 北欧 卓上 スタンドライト シンプル アジア おしゃれ 一人暮らし 寝室 リビング用 居間用】【インテリア】:おしゃれ照明・ライトのBeauBelle

フロアライト フロアスタンド LED 1灯 間接照明 小さめ 照明器具 照明スタンド 床置型 映画 テレビ 北欧 卓上 スタンドライト シンプル アジア 用 おしゃれ 一人暮らし 寝室 。照明 LED 対応 フロアスタンド 1灯 レダ LEDA シアターライティング【フロアライト 間接照明 小さめ 照明器具 照明スタンド 床置型 映画 テレビ 北欧 卓上 スタンドライト シンプル アジア おしゃれ 一人暮らし 寝室 リビング用 居間用】【インテリア】
テレビなどの家具の後ろの壁を照らすだけで、テレビと壁の間に空間が生まれて奥行きがあるように見えますよね。

広く魅せるコツ⑤家具のレイアウト

 (24236)

部屋を広く魅せるコツの5つ目は、家具の配置です。

この配置は部屋を広く魅せるにはとても大切で、家具のレイアウトを変えるだけでも劇的に広くなるんです。

ポイントとしては、視線の抜けを意識した配置にすると部屋が広く見えます。部屋に入った時に視線が奥まで通ると開放感があるように感じ、部屋が広く見えるのです。ワンルームなどで間仕切りを使いたい場合には、視線が抜けるような家具を選んだり、低めの家具を選ぶと広々とした部屋の印象になります。

又、テレビやラックなどは、なるべく壁の片側に集中して配置し、反対側の壁は見せるようにすると、圧迫感のない部屋になります。殺風景だからと言ってその壁に絵などを飾ると両側の壁にものがある事により圧迫感を感じ、狭い印象の部屋になってしまうのでご注意ください。
39 件

関連する記事